EKAKINOKI

中世の女性アーティストができたこと


クリスタ・グレシンジャー著『女を描く (三元社)』から引用
"Picturing Women in Late Medieval and Renaissance Art" Christa Grossinger

多くの女の名前がギルド会員として名簿に記載され、画家や写本装飾師、写本筆写者として活動していたが、しかし彼女たちの作品を特定することはできない。多くの場合、彼女たちは職業芸術家の娘や妻であり、彼らの助手と同様に工房に属し、個人では自分の作品にサインしなかったからである。また、女は、男の後見人の立ち会いなくしては、作品依頼やいかなる種類の法的記録にもサインすることはできなかった。

寡婦は、夫の死後も、夫の工房を維持することができたが、ただし依頼された作品が完成するまでか、あるいは他の芸術家と結婚するまで許されたにすぎない。芸術家の未亡人との結婚という道は、そうでもなければ工房をもてない若い職人たちに非常に好まれた。たとえばデューラーの師ヴォルゲムートは、その師であるプライデンヴルフの未亡人と結婚したのである。


肖像画・静物画 OK!
祭壇画・裸体写生 NO!

これが、かつての女性アーティストたちが置かれた一般的な立場でした。

名前は出てこないけれど、わたしたちが見ている作品には、こうした「女性たちの筆あと」がたくさん残っているわけです。


『女を描く (三元社)』では、アグネス・ファン・デン・ボッセ(1400年代後半)、ヘンリー8世に気にいられたスザンナ・ホーレンバウト(1503-45?)、はじめて女性の自画像を描いたとされるカタリナ・ファン・メッセン(1527/28-87?)などにも言及があります。

Agnes van den Bossche (1435-40-1504)
Susannah Hornebolt (1503-1554)
Catharina van Hemessen (1528-1587?)

(2001.10.07 点検)(2002.09.03. 見直し)(2003.01.10. 点検)(2005.07.18. 加筆)(2006.01.12. 加筆)


* 雑誌記事「女性だからというのはもういい。語るに値するアーティストについて語りたい(ステファノ・ズッフィ:「LETTURE」MARZO-2005)」: 1900年代後半以降の女性アーティストの野心的な著作、企画展、映画などを多数紹介し、アートの世界で女性がどのような立場に置かれてきたかについて。


かんれんファイル

中世の女性アーティストができたこと
中世の女性にもチャンスはあった
ソフォニスバ・アングイッソラ
アルテミジア・ジェンティレスキ
ラヴィーニャ・フォンターナ
エリザベッタ・シラーニ

かんれんサイト

National Museum of Women in the Arts, Washington, D.C
http://www.nmwa.org/

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN