EKAKINOKI

ミハルコフ、メモ

ニキータ・ミハルコフ (1945-)監督作品
http://www.trite.ru/mikhalkov.mhtml?PubID=59

2006年時点でロシア映画協会議長であり、俳優としても監督としても、国内のみならず国際的にも知名度が高い。他国との合作作品も多い。個人的には、「シベリアの理髪師」などが好きだった。

"シベリアの理髪師"で皇帝役を演じるニキータ・ミハルコフ。映画はyoutubeなどでみれる。

ミハルコフの父セルゲイ・ヴラディミロヴィッチは「スチョーパおじさん」で知られる児童文学者で、なんとソ連国歌の作者!

1952年版の「ジャージャ・スチョーパ」

ミハルコフには父親違いの兄弟がいる。映画監督アンドレイ・コンチャロフスキー (1937- 正確にはアンドレイ・ミハルコフ=コンチャロフスキー)で、ソ連とロシアのはざかい期のころに制作された彼の作品「金の卵(КУРОЧКА РЯБА/1994)」などは印象深い。

http://www.konchalovsky.ru/sub1.php?razdel=0&id=16

コンチャロフスキーの祖父はピョートル・コンチャロフスキー (1876-1956)で、モスクワの美術学校の名にも冠せられているスーリコフ (1848-1916)の娘と結婚している。アンドレイ・コンチャロフスキーの祖先は、理屈的には、ニキータ・ミハルコフの祖先にもなる。いずれにしてもみな美術系。

スーリコフ自画像 / ピョートル・コンチャロフスキー自画像

ところで、ミハルコフが18歳のときに主役をはった映画「私はモスクワを歩く Я ШАГАЮ ПО МОСКВЕ/1963」がある。

良き時代の青春もの。内容はあまりないけど、さらっとした映画で、見ていて気持ちがいい。歌(映画のタイトル=テーマソングでもある)を歌いながらミハルコフがメトロから出て行くさいごのシーンがとてもいい!ボンボンと言えばボンボンだけど、ミハルコフにもこういう時代があったのか〜。

(2007.01.03.)

ミハルコフの映画

シベリアの理髪師

かんれんサイト

Анна Михалкова
http://cinema.newizv.ru/news/2006-04-05/42972/

ART INVESTMENT AGENT JAPAN RUSSIA SOVIET ITALY