EKAKINOKI

シュクシンの「赤いカリーナ」

Vasily Shukshin, 1927-1974

シュクシンの「あかいカリーナ」は、さいしょから映画にすることを考えて書かれたといいます。なまなましい田舎の描写、そこに生きる主人公エゴールを取り巻くヤバイ人間関係、「どんちゃん騒ぎやりたいんだけど、ねえちゃんにいちゃんわんさか集めてくんない?」とレストランで札束を手にしてウェーターに頼みこんでいるシーン、けんか。

ソ連時代の小説・映画で田舎が舞台なのはごくふつうですが、シュクシンの「田舎」はまるで現代かとおもえるほどいきいきしています。田舎が変わっていないといわれればそれまでですが、とてもそればかりとはおもえません。ショーロホフの「静かなドン」がコサックの立場からロシア革命を語ったとすれば、シュクシンの「あかいカリーナ」は、田舎者の目でソヴィエト社会の現実を語ったのだとおもいます。

Калина красная, Шукшин, Есенин

シュクシン本人がそういうひとだったというのもあるとおもいます。シュクシンはモンゴルに近いアルタイ地方の出身で、いろいろな雑役をしたり、経済的にかなり苦労して育ったようです。大検のような試験をパスし、モスクワの国立映画大学を終了。同級生にはタルコフスキーがいました。国立映画大学に入るための口答試験にのぞんだシュクシンの応答がちょっと愉快。

以下『あかいカリーナ』島田陽訳/恒文社の解説文より引用

試験の大詰めは、受験生の恐れる『戦争と平和』に関する、ミハイル・ロム監督恒例の口答試問であった。質問に答えてワシーリイ(シュクシン)は読んだことがないといってのけた。居並ぶ試験官の唖然とした表情をまえに、理由をきかれて「えらく分厚い本だもんで」とワシーリイはとぼけた。試験管の多くが彼のはまり役とみた、田舎者を逆手にとった農民の知恵であった。

シュクシンは、役者であり小説家であり映画監督であり。映像版「赤いカリーナ」にはシュクシン本人もシュクシンの妻も出ています。「あかいカリーナ」は1973年作の小説ですが、70年代のソ連社会にこういう作品があったというのはスゴイ。

(2003.02.17.)

BBSから

マスクさん 2003.06.06.

「ヴァシーリー・シュクシン」で検索したところ、ここに辿り着きました(^^; 私は今、ロシアに留学中です。大学でロシア文学を勉強しているため、なにかとロシアの作品を読む機会があるのですが、やはりロシア語で読むともなればかなり難しいです。

私は、多くのロシア人作家の中でもシュクシンの作品が好きです。「赤いカリーナ」はまだ読んでないのですが、短編をいくつか読みました。とても短いのですが、大事なことをしっかり書いてくれるので好きです それで、この夏一時帰国する際に、日本語訳のロシア文学の本を買ってみようと思っているのですが、シュクシンの「赤いカリーナ」はどうやって手にいれることができますか?やはり、通販になりますかね

えかきのき 2003.06.06.

読みたい本をリストアップしといて、図書館(日本)で検索してもらうと、そのうちのいくつかは見つかるとおもいますよ。翻訳の好き嫌いまではあまり言えないけど・・でも翻訳があるというだけでありがたいことはありますよね。 買うんなら、ネットで注文したほうがはやいかもね。あるいは本屋に取り寄せてもらうとか、どっかにはあるんじゃない?わたしは図書館で借りました。シュクシンの『赤いカリーナ』は、気をつけているとテレビでも(ロシア)よくやってますよね。

マスクさん 2003.06.07.

スパシーバ☆ えかきのきさんの方法でどうにかこうにか手に入れたいと思います。 そうそう、テレビでも「赤いカリーナ」やってますよね。私、いつも途中からとかしか見てなくて・・・。映画にはシュクシンと彼の奥さんが自ら出演してるんですよね。今度は、見逃さないようにしなきゃ!と思ってます。

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN