EKAKINOKI

ロシア人はロシア文学読んでる?

「・・・あまり読まない。」そんな率直な答えがかえってくる。もちろん読むひとは読んでる。ドストエフスキーがけっこうはやってたり、へえぇ、とおもうこともある。

しかしいくらロシア人の活字志向がつよいといっても、ハードな現実生活とハードな読書欲の両立は、ちょっとむずかしい?

推理小説、恋愛もの、探偵もの、ハーレークイン、ファッション誌や女性誌、たのしくて、役に立ち、癒しになり、あるいはつかの間の現実逃避、そういうののほうがよく見かける。

「ソ連時代はどんなのが読まれてた?」

Aleksandr Sergeevich Pushkin

朗読テープ(プーシキンに捧げた詩)

ツルゲーネフ、ドストエフスキー、ネクラーソフ、チェーホフ、ブーニン、etc. 詩なら、プーシキン、エセーニン、アフマートヴァ、ツヴェターエヴァ、パステルナーク、etc.

ゼンブじゃ〜ん!それとも、ひとそれぞれってこと?問いかけそのものが漠然としすぎてたか。

トルストイ、ドストエフスキー、チェーホフ、ゴーゴリ、ツルゲーネフ・・・ロシア人はまず学校で、これらの文学者たちに接っする。ちょうど日本の学校で、夏目漱石とか森鴎外とかが教科書にあるのとおなじ。

だからたとえば、「アンナ・カレーニナ」も断片的には知っている。そこから、トルストイの文体とか作品のかんじとか、みなそれぞれに印象をもっている。

だけど、それと、「アンナ・カレーニナ」を全部読んだかというのはまたベツ。ロシア人にとっても、トルストイの「戦争と平和」とかショーロホフの「静かなドン」とか、長篇モノになると、やはりその気になったひとでないと読んでない。

な〜んだ、それも日本とおなじか〜。

ソヴィエト時代にはかなりの思想統制があったが、バルザックやスタンダールなど、西欧文学も読むことは読めた。1960年代には外国文学ブームもあった。何を読めたかは、だれが共産党書記長だったかで変わってくる♪情勢は厳しかったりすこしやわらいだりの繰り返しだったみたい。

そして、もちろん読ませてくれない本もたくさんあった。(内緒では出回ってたのもあった。) 外国文学は言うにおよばず、、現代ロシア文学でも、チンギス・アイトマートフなどは、ゴルバチョフ時代になってはじめて解禁されたという。

(2001.09.25.)(2004.12.06. 見回り)

※ 文中にでてくる文学者(生誕年順)

プーシキン(1799-1837)
ゴーゴリ(1809-1852)
レールモントフ(1814-1841)
ツルゲーネフ(1818-1883)
ネクラーソフ(1821-1878)
ドストエフスキー(1821-1881)
トルストイ(1828-1910)
チェーホフ(1860-1904)
ゴーリキー(1868-1936)
→  http://www.hrono.ru/biograf/gorkyi.html
ブーニン(1870-1953)
アフマートヴァ(1889-1966)
パステルナーク(1890-1960)
ツヴェターエヴァ(1892-1941)
エセーニン(1895-1925)
ショーロホフ(1905-1984)
ソルジェニーツィン(1918~)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN