EKAKINOKI

プーシキン美術館あらまし

Pushkin State Museum of Fine Arts

プーシキン美術館HP
http://www.museum.ru/gmii/defengl.htm

世界的に著名なサンクト・ペテルブルグのエルミタージュ美術館は、美術館のジャンルとしては西洋美術総合展示館です。これに相応するのが、モスクワのプーシキン美術館です。(ロシア美術の展示館はそれとは別にあり、サンクト・ペテルブルグのロシア美術館、モスクワのトレチャコフ美術館などです。)

門構えや建物のかんじや、古代彫刻(レプリカが多い)が立ち並んでいたりとか、ちょっとブリテッシュ・ミュージアムなどのミニチュアみたいですが、アット・ホームなかんじはあります。

古典絵画は、そんなにはないとおもわれます。というかあまり系統的な収集とはかんじない。ロラン、プサン、ボッティチェッリ、ブロンツィーノ、、カラヴァジェスキ(カラヴァッジョ派)とか・・。イタリア系より、ドイツ、オランダ絵画のほうがけっこうあるかな。

19世紀後半から20世紀前半にかけて、モネ、セザンヌ、ゴーギャン、ボナール、マティスらの時代の作品が充実しているとおもいます。やはり、ロシア人の画家や収集家がヨーロッパを闊歩していた時代のたまものでしょうか。

門をひとつ隔てて、殺伐とした現実をつかの間忘れさせてくれるこうした空間は、モスクワのひとたちにとって憩いの場所であるにちがいありません。

(2002.11.18. Moscow)

BBSより

youyouさん 2003.11.13.

「プーシキン美術館」について調べていて、こちらのサイトに辿り着きました。12月の初旬に半日だけですが、モスクワを観光することになり、「プーシキン美術館」に行きたいと思っています。というのも、1997年にトルコのトロイを訪れた際、みやげ物屋のおじさんから、「シュリーマンが発掘した黄金の財宝は今、ロシアにある」と聞かされたからです。いろいろ調べてみましたが、確かに当時、「プーシキン美術館」で展示されていたことはわかりましたが、いま現在はどうなのか? がわかりません。もし、ご存知でしたら教えていただけないでしょうか?

えかきのき 2003.11.13.

トルコのトロイ遺蹟は行ったことがあります♪さして大きくない木馬に「な〜んだ、これ」とかおもいました。でも、まさかシュリーマンの発掘品がモスクワにあるとはおもいもしませんでした!

プーシキン美術館のロシア版紹介本(1998年刊)が手元にあるのですが、それによれば、所蔵品にはいっています。あそこ(プーシキン美術館)は、そんなに所蔵品の入れ替えはしていないので、紹介されているということは、展示されている、とおもいます。

この本に写真入りで紹介されている品の説明を読むと、電気メッキがほどこされているみたい・・。ちなみにプーシキン美術館は月曜日休館、展示室16、16a(2F)となっています。寒いですから、帽子をお忘れにならないよう。

youyouさん 2003.11.13.

わぁ、そうなんですね!トランジットの待ち時間を利用しての半日滞在なので、あれこれと欲張らず、プーシキン美術館だけにしぼってゆっくり見学しようと思います。展示室ナンバーもしっかり手帳にひかえさせていただきました。ご丁寧なお返事を本当にありがとうございました。

ART INVESTMENT AGENT JAPAN RUSSIA SOVIET ITALY