EKAKINOKI

モニュメンタリスト

モニュメンタリストってなに?文字通り「モニュメントをつくるひと」です。技法的にはなんでもアリで、油彩画、モザイク、ステンドガラス、彫刻などによって、記念碑や建物の装飾や記念碑的な絵画などを制作します。

ソ連時代のロシア旅行に「地下鉄めぐり」というのがありましたが、これなども、おもにモニュメンタリストたちの作品見学でした。(いまもそれらの作品は地下鉄駅構内で見ることができます。)

地下鉄コムサモリスカヤ駅で撮影。

ソ連時代、モニュメンタリストはそういった政府の注文を請け負う、たぶんにエリート的な存在だったとおもいます。ソ連が崩壊してからはそういう仕事が減ったぶん、ほんらいの絵に専念したり彫刻一本だったりと、ひとそれぞれのようです。

それでも、モニュメンタリスト派なんて存在しませんが、本来「碑」制作の使命を負っていたかれらには「花なんて描けないよ」みたいな一種独特のスタイルがかんじられたりします。

「フォルス(ФоРУС)」・・・4人のモニュメンタリスト、С・レーピン、В・スーホフ、И・ウラロフ、Н・フォーミンからなるグループ・・・の作品。フォルスはソ連時代数々の賞を受賞しています。左は対独祖国防衛戦争記念堂の一部、右はサンクト・ペテルブルグの地下鉄ドストエフスカヤ駅構内、いずれもモザイクです。

(2002.10.06. 見直し)(2005.01.21. 「モスクワ救世主教会」の部分切り離し)(2005.02.28. 画像入れ替え)(2006.11.06. 見回り)

かんれんファイル

■ モニュメンタリスト50周年展(Photo)

絵画 ロシア イタリア