EKAKINOKI

ロシアのスポーツ

TVなどで報道されて国民が一様に熱くなるスポーツはアイスホッケーとサッカーか。生活になじんだスポーツは?というと、冬が長いロシアではやはりウインタースポーツ。近所の急勾配でソリあそびをするのがかれらにとっては人生最初のスポーツだ。ボブスレーの原体験みたいなやつ。夏にバスケやサルフトをやっていたコートは冬には早速ホッケー場に早代わりする。クロカンも見かける。

国土が平坦なのでアルペンスキーやスノーボードはさかんではない。アルペンは南のカフカス地方など山があるところまで遠征しないとできない。いまはむしろヨーロッパのスキー場ほうがかれらにとって近いとおもう。「日本ではじめてアルペンスキーをしてとても気に入った」と、かつてロシア人の冬季オリンピックメダリストが語っていたのにビックリした記憶がある。

ソ連時代に国ぐるみで力を入れていた伝統的スポーツは相対的に衰退し、そのかわりいままでなかった個人競技にひとびとの関心が集まっている。その最たるのがテニスだろう。街角のそこここでこどももおとなもローラースケートやスケボウやマウンテンバイクを楽しんでいる。スポーツクラブは林立し、スキューバダイヴィングやエアロビクスやヨガや、趣味系のスポーツも盛んだ。

そのいっぽうで体操系やバレーボールや、優秀な選手もコーチもどんどん外国に出て行ったのに、ソ連時代とかわらずいぜん強いスポーツというのがある。これはこれで民族的に適性があるのだなとおもう。

どちらにしても、最近のスポーツ店の増加と、それにともなって比較的安価に器具を購入することができるようになったことで、じぶんがやりたいとおもうスポーツがあれば、戸惑わずすぐにやれる時代にロシアもなってきた。たのしみだ。

(2001.09.26. 点検)(2003.01.30. 点検)(2004.12.10. 見回り)

ART INVESTMENT AGENT JAPAN RUSSIA SOVIET ITALY