EKAKINOKI

森林火災とスモークタウン

行く前から酷暑だと聞いていた。「モスクワの酷暑は続いたところでせいぜい2週間、そのあとすぐに冷たい風でも吹くさ。」ぐらいにしかおもっていなかった。

行ってみるとなにかいつもと様子が違う。酷暑の日がとぎれない。気温はさらにあがり、40度?とかの声も掛かる。車がほうぼうでエンコしている。夜は熱帯夜の東京ほどではないにしても、日が明けるともう寝てなんかいられない。

7月下旬になると、山火事のせいで市内がけむくなってきた。夏にはときどきあることだし、自然火災なので化学物質とかのやばい匂いはしない。一日のうちに晴れる瞬間もあるし、そのうち消えるだろうぐらいにおもっていた。

ところがそれが、終日晴れ間がない濃霧状態になり、本来すごい深いところにあるはずのモスクワ地下鉄駅構内にまで煙が充満しはじめると、もはや尋常ではない。

軽度の嘔吐感さえ覚えはじめた。木が燃えたような匂いで自然火災にはちがいないが、もはや度を超えて身体機能が処置しきれなくなってきたみたいだ。一説には、森林火災によって泥炭層のガスが燃えているともいう。

ちょっと不安になってニュースをチェックすると・・・モスクワだけじゃない、そこらじゅうで火の手があがっている。爆発事故のおまけまでついて、敵に包囲されて逃げ場を失った虎状態。

「アメリカ大使館員の撤収と、9月**日までアメリカ国民のロシアへの渡航を勧めない。」・・・このひとことでこちとらも避難を決めた。けっきょく8月中旬すぎまで煙は消えなかったように記憶している。

2010.09.28

絵画 ロシア イタリア