EKAKINOKI

ロシアはジャングル?!

St. Petersburgロシアにいると、『法律があってそれが守られている』・・ことのありがたさをあらためて感じることがあります。

法律でがんじがらめになっていて、それがために『いいことだとわかっていることさえできない』のにも困りますが・・その反対に、基本的な法律規範をほとんど知らない連中が、もしかりに『警察官』だったらどうしましょう?

ロシアの警察官がそうだと言っているのではありません。しかし、もしそういう警察官がいたとしたら・・あなた自身は法律を遵守していても、てきとうな『イチャモン』をつけられて、いいようにされてしまいます。こわいですよ、これは。

基本的な人権もなにもないです。日常生活において、法律の擁護者であるべき警察官が法律を遵守しないとなると、これは法律がまったくないのに等しいです。どういうふうに自分の身を守ったらいいのか分からない。

むろん、ロシアにも法律はあります。あるどころか・・あたらしい法律がどんどんと産み出されています。ただそれが、『誰のためなのか』『遵守されているのか』『行政側は民主主義のルールにのとってそれを施行しているか(独裁者みたいなことをしていないか)』となると・・心もとないです。

そもそも新しい法律ができると、それを『過去何年かにさかのぼって適用する』なんてことがありえますか?ある40代のコンピューター会社社長が、こういうロシアの現状についてこんなことを言っていました。「ルールがないのがルール。アメリカのビジネス・エリートなんて、ロシアにきたらやってかれないね。」

また20代のアーティストは・・・「ジャングル!弱肉強食の・・。」「・・いや、ちょっと違うんじゃない・・ジャングルには『優しさ』とか、自然が本来そなえているいい部分もあるけれど・・。」「もちろんそういう部分もあるわさ。」・・・ある、のかな・・?あって、ほしいですね。

(2001.09.14.)(2002.08.25. 見直し)

ART INVESTMENT AGENT JAPAN RUSSIA SOVIET ITALY