EKAKINOKI

クレムリンと赤の広場

Кремль, Красная площадь, Moscow

ロシアのランド・マークでありユネスコ世界文化遺産にも指定されているクレムリンと赤の広場。赤の広場にある聖ワシリー聖堂は、イワン雷帝(1530-84)がカザンからタタール・モンゴルを追っ払ったのを記念して建てられました。でも、聖堂内は薄暗くて狭くて・・・という印象しか残ってないなぁ。

クレムリンの中に入ると、フシギな雰囲気・・・ゆ〜れいがいっぱい歩っとるんとちゃうか〜?以下は、クレムリン内にある寺院です。

ウスペンスキー・サボール(聖母被昇天大聖堂/Успенский/Assumption)

ツァーリの戴冠式、葬儀がおこなわれていたロシア帝国かなめの聖堂でありながら、なんとも優しさにあふれているのです。聖ゲオルギー像(12C)、三位一体像(13-14C)、イワン雷帝玉座など。

ブラガヴェーシェンスキー・サボール(受胎告知聖堂/Благовещенский/Annunciation)

皇帝の礼拝堂。ルブリョフ、フェオファン、グレク、ゴロデツ、プロホルなどのイコン。

アルハンゲリスキー・サボール(大天使聖堂/Архангельский/Archangel)

歴代ツァーリの墓所で、石棺が所狭しと並んでいま〜す。アンドレイ・ルブリョフ作とされる大天使ミカエルのイコン。

クレムリン自慢のヨールカ(クリスマスツリー)の背後がアルハンゲリスキー・サボール、向かって右にみえるのがブラガヴェーシェンスキー・サボール。

クレムリン内散策は、木曜日休みで、10h〜17h。ちなみに「クレムリン」は「御所」みたいなもので、モスクワだけでなく、各地に「クレムリン」があります。

- 2003.08.13. - 2007.03.21. 単独ファイルにする

ART INVESTMENT AGENT JAPAN RUSSIA SOVIET ITALY