EKAKINOKI

ニコラ・ド・スタール

Nicholas de Stael(1914-55)

1953

ニコラ・ド・スタールはサンクト・ペテルブルクの貴族の家に生まれ、1919年、ロシア革命勃発とともにポーランドへ脱出。父の死・・。そののちブリュッセルの実業家に、姉妹ともどもひきとられた。

ブリュッセル王立美術学院で教育を受けている。ブラックとの交遊(Georges Braque 1882-1963)、1944年(30才)には、カンディンスキーとともに展示(パリ)。おもにパリとニューヨークで活動。

スタールは「具象→抽象→具象」みたいな経緯を経たと言われる。1952年、アメリカでフットボールの観戦中にひらめいたのが「具象への回帰」のキッカケになった。

「しかし!『具象・抽象』という議論がそもそも無意味・・それは、異なったふたつの側面から世界を見たにすぎない。」・・・スタールはそんなふうに言ってたそうだ。

1955年、アトリエ(フランス)で投身自殺(41才)。

ただもんではないです。ぜひ GOOGLE IMAGE などで「Nicholas de Stael」を検索してみてください。

BOOK

『ニコラ・ド・スタール図録(東京新聞社)』:ニコラ・ド・スタール展(東武美術館:1993.06.17-07.18.)の図録 

(2002.07.21.)(2003.01.31. 点検)

ART INVESTMENT AGENT JAPAN RUSSIA SOVIET ITALY