EKAKINOKI

ペトロフ=ヴォトキン

PETROV=VODKIN, KUZMA SERGEEVICH, 1878-1939

ペトロフ=ヴォトキンは若いころ、ヨーロッパやアフリカなどいろいろなところを旅行しています。1900年代はじめといえば、パリにはセザンヌ、ウィーンにはカンディンスキー、そこらじゅうであたらしいアートがうごめいていました。だから、ペトロフ=ヴォトキン作品にも、シンボリズムや表現主義、フォヴやマティス的なところがあったり、その時代のいろいろな要素をみることができます。

"赤い馬の水浴", 1912, トレチャコフ美術館:『芸術世界()』の展示会に出品

ペトロフ=ヴォトキンは、世代的には、マレーヴィッチ、クレー、マルクらとおなじ。マティスは10歳年上で、シャガールが10歳年下。ただ、シャガールやカンディンスキー、マレーヴィッチがきわめてインターナショナルであったのとくらべると、ペトロフ=ヴォトキンはなぜかソ連のアーティストという印象があります。

ラディーシェフ美術館のヴォトキン作品

たぶんそれは、現代的で鮮やかな色彩と、抽象的な図画構成のせいだろうかとおもうのです。欧米ならまるきり抽象かポップ・アートになっていたかもしれないタイプのアートです。しかし一歩間違えば強制収容所か精神病院送りになりかねないソ連時代に、リアリズムの範疇を崩さないぎりぎりのところで勝負し、超芸術的欲求と現実的権力のはざまを綱渡りしてきたソ連時代の何人かの天才的作家とペトロフ=ヴォトキンが重なるからかもしれません。

ところが「赤い馬の水浴」などは1912年作ですから革命以前の作品です。革命が起こったとき、ペトロフ=ヴォトキンはすでに40近く。革命後、アートの世界にはじわじわと制約が加わることになりますが、スターリンが登場する1930年代ぐらいまではまだまだ表現の自由はありました。

ペトロフ=ヴォトキンをロシア語検索していたら、なんとゲイのサイトのペトロフ=ヴォトキン評がトップでヒットしました〜!あはは、なんじゃらほい?ペトロフ=ヴォトキンの作品って、いっぽうでソ連時代を想像させるかとおもえば、もういっぽうでは、ヴォトキン描く凛々しくてしなやかな若者に憧憬のまなざしを向けるひとたちもいるのですね!

(2004.09.15.)

ART INVESTMENT AGENT JAPAN RUSSIA SOVIET ITALY