EKAKINOKI

マーモントフの芸術村

MAMONTOV, SAVVA, 1841-1918

アブラムツェヴァ芸術村は、モスクワのヤロスラヴリ駅から各駅停車で40、50分、なにもない田舎駅で降りてすぐのところにある。いまは「アブラムツェヴァ記念公園」となっていて敷地内には博物館や絵画館もあり、モスクワからはてごろな散策コースだ。

アブラムツェヴァの雰囲気をつたえる写真

ここは、もともと作家アクサーコフが所有していた敷地で、ツルゲーネフ、ゴーゴリ、グラノフスキー(歴史家)ら芸術家連中がたむろしていた。それを、1870年、結婚したばかりの鉄道王サッヴァ・マーモントフ(1841-1918)が買い取った。

Mamontov by Serov, 1887(Odessa) / by Vrubel, 1897 

10代のころからヨーロッパでアートの洗礼を受けていたサッヴァ・マーモントフはここに一大芸術村を実現する。スタニスラフスキー、シャリアーピン、レーピン、ネステロフ、レヴィタン、ヴルーベリ、シロフ、ヴァスィニツォフ、ありとあらゆるジャンルの芸術家たちがアブラムツェヴァにつどった。

ありし日のアブラムツェヴァの写真

マーモントフはロシアの超有名なメセナとして名を残しているが、一大汚職疑獄事件に巻き込まれ、たいへんな晩年を送ったことでも知られている。

かんれんファイル

マーモントフとミール・イスクーストゥヴァ

2003.08.11. - 2007.03.21. 単独ファイルにする

ART INVESTMENT AGENT JAPAN RUSSIA SOVIET ITALY