EKAKINOKI

スターリンが描かせたマレーヴィッチの自画像

Kasimir Malevich 1878-1935

マレーヴィッチ自画像(1933年)

マレーヴィッチはスプレマティズムの元祖です。

この自画像は、絵のなかの幾何学的な要素といい、宇宙的な配色といい、スターリンの抽象画禁止に対する、マレーヴィッチの精一杯の反抗、とみるとおもしろいです。

マレーヴィッチいわく「ネオ・リアリズムな自画像」なんだそうです。

ちなみに、作品右下にちいさくみえるポチはマレーヴィッチのサインで、「四角に円」です。

「ブラック・サークル↓」という、マレーヴィッチのスキャンダラスな作品がありました。

Black Circle, 1923

「四角に円」を見れば、スターリンでもだれが作者かすぐに分かったはずです。ハハ。

スターリンにとってマレーヴィッチは宇宙人で、そもそも、マレーヴィッチがソ連のような社会体制のなかで活動できていたことじたいが不思議です。

つぎのリンク先では、マレーヴィッチの自画像を年代順にみせています。

http://mapage.noos.fr/malevich/autop01.html

(2003.06.09. )(2003.07.31. 『マレーヴィッチとイコン』ファイルより分割)(2005.02.26. 画像追加)

かんれんファイル

■ マレーヴィッチとイコン

ART INVESTMENT AGENT JAPAN RUSSIA SOVIET ITALY