EKAKINOKI

クストディエフ

KUSTODIEV, BORIS MIKHAILOVICH, 1878-1927

帝政ロシア(-1917)の最後を飾る代表的画家のひとり。インターナショナルで現代性がありますね。モスクワのトレチャコフ美術館とかサンクト・ペテルブルグのロシア美術館とかにたくさんあります。大きな作品が多い。

Kustodiev

"「クラサーヴィッツァ(よっ、いいおんな!)」" 141 x 185 cm, 1915年, トレチャコフ美術館

テーマは庶民的かもしれないけど、サロン的でしゃれた画風だし、後年著名歌手シャリアーピン(1873〜1938)の肖像を描いてたり、そんなクストディエフのイメージからすると、ヴォルガ川がカスピ海に流れ込む南ロシアの町アストラハンで生まれたとか、母子家庭だったとか、ちょっと意外です。

Kustodiev

シャリアーピン肖像, 1922

シャリアーピンがロシア辺境の町カザンで生まれたと聞いてもべつにおどろかないけど。

Kustodiev

"祭日", ラディーシェフ美術館

明るいよね。イヤミはない。

2004.09.12.

ART INVESTMENT AGENT JAPAN RUSSIA SOVIET ITALY