EKAKINOKI

コルジェフ、モイセンコは神話

MOISEENKO, EVSEJ EVSEEVICH, 1916-89

モイセンコは1916年、白ロシアの農村に生まれた。革命後のソヴィエト社会で、リックビスという「読み書きソロバン」を教える成人教育の学校とかはあったが、おそらく10代の半ばまで、まともに教育と言えるようなものは受けていない。

15才のときモスクワにやってきて美術産業工芸学校に入学し、はじめて教育らしい教育を受けた。お盆に絵を描く。ここでモイセンコはすばらしい絵の才覚を発揮する。1935年、アカデミーに入学を許可され、1年コースをたったの3ヶ月間で終了してしまった。1941年、戦争のために学業を中断し従軍。1945年、復学。1946年には、すでにプロの画家として認められている。

かつてお盆に絵を描いていたころ、インスピレーションをすばやく絵にすることを習得したのだろう。モイセンコはいっさい下絵なしにすばやく作品を制作した。一瞬に凝縮されたドラマは、あきらかにモイセンコの制作スタイルにおっている。技術と画風はおなじコインの裏表といういい例だ。

モイセンコはいっさい下絵なしでこれほどストーリーある作品を制作したが、それ以前に無数のスケッチをするのがつねだった。これらのスケッチは、それだけで作品として成り立つほどすばらしいものだ。モイセンコはそののちレーピン記念芸術大学で教授していた。ロシアで、コルジェフとかモイセンコは、神話といっても過言ではない。

(2001.06.24.)

http://alex-chi.livejournal.com/131939.html

ART INVESTMENT AGENT JAPAN RUSSIA SOVIET ITALY