EKAKINOKI

好きなことをして生きていかれるシアワセ

リリア・ヴァラサノーヴァ

均衡 / 30 x 40 cm / 油彩・画布

『均衡』なんていうと「幾何学的なコンポジションのこと?」なんておもわれてしまいそう。でもそうじゃないんです。『穏やかさ』とか『心の平和』のこと・・それも自然にそうなっているというのではなくて、いろいろやってやっとこさ手に入れた、そういう『均衡』だとおもう。ヴァラサノヴァはこの『軽やかさ』を得るために、見慣れた世界の見慣れた法則をいろいろに組み換えているとおもうのです。

ヴァラサノヴァと夫カレヴァーティフの作品は、一見するとよく似てみえる。おなじアトリエで制作をしているし、ニューヨークとアムステルダムのギャラリーでともに仲良く作品がとりあつかわれている。でも・・・と夫カレヴァーティフが絃う。「よくみるとテクニックが違うんだ。」「ボクのほうが描くのがはやい。バラサノヴァは制作に倍の時間がかかる。」

カレヴァーティフの作品例 → (1) (2)

ヴァラサノヴァはアルメニア系。快活で、喋りだすともうとまらない。そんなヴァラサノヴァがあるときフトこんなことを言った。「好きなことをして生きていかれるのがとてもシアワセ!」

(2003.05.24.)

ART INVESTMENT AGENT JAPAN RUSSIA SOVIET ITALY