EKAKINOKI

夕涼みどきのレガッタ

シトニコフ / 80 x 62 cm / 油彩・画布

ヴォルガ川河畔にある古い町の夕涼みどき。といっても、ロシアの夏はほんと午後11時ぐらいまで明るいです。夜が明けてしらじらとしてくるのもまたムチャクチャ早い。「夕方」とか「夕暮れどき」とかにしてしまうと、日本的な感覚では誤解してしまうので、作品タイトル訳は『夕涼みどきのレガッタ(ヨット競艇)』。

川沿いにあるこのような町は例外なく港を中心に発展してきたので、港のまわりには広場があって、古い教会や修道院、眺めがいいホテルがあったり。町の中心は今ではたいがいべつのところに移動していますが、街路樹が生い茂る川沿いのプロムナードは今も昔も市民の憩いの場所です。

(2003.08.17.)

シトニコフのファイル・・・  この世のふしぎな力を絵にとり込む // これでヨシとする瞬間

ART INVESTMENT AGENT JAPAN RUSSIA SOVIET ITALY