EKAKINOKI

絵は見るより買ってみなはれ

あなた: 「どうしたら絵がもっとわかるようになりますか?」

巨匠:  「ひとつの作品をそばに置いておいてごらんなさい。 そうすると、作品のもっている欠点なり長所なりがだんだんとわかってきます。」

「たくさんいい絵をみることだ。」とも似ていますね。

ただ、展示会に行ってある傑作を一回だけ見るのと、じぶんの身のまわりに作品があるのとでは、決定的なチガイがあります。

作品とふれあっている「時間の長さ」です。

素敵だなとおもえるひとでも、美しいと崇拝してしまうひとでも、いっしょに暮らせるかとなると、はなしはべつです?!

それとおなじです。どんなに美しい絵でも、そばにおいてみると、なにかが鼻についたり、飽きてしまったり、そんなのは日常茶飯事です。

そして、なにより大切なのは、絵について講釈することではなく、どんな絵にじぶんんが関心があるか、どんな絵がじぶんを豊かにしてくれるか、を知ることです。

それなら、展示会に100回行くよりも、まず、ひとつ作品を買って、一緒に暮らしてみてください。

いまは、ネット・オークションで、なかなかの作品がなんとも手ごろな値段で手に入ります。

1万円でも2万円でも5万円でも、とりあえず上限金額を決めてトライしてみてください。

チャンスはたくさんあるので、ムリすることはありません。

じぶんへの、素敵な投資だとおもいます。Let's do it!

(2001.04.26. 加筆)(2002.03.22. 書き直し)(2003.11.06. 見直し)(2005.09.26. 見回り)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN