EKAKINOKI

ルネサンス時代の著名教皇

Photo Gallery  ・・・ ヴァティカン風景

シクストゥス4世

1471-84 Sixtus IV

シクストゥス4世は、じぶんの甥をミラノ、スフォルツァ家のカテリーナと結婚させ、イーモラ、フォルリの領地を与えたことで、メディチ家のロレンツォ・イル・マニフィコと対峙しました。

左の作品は、メロッツォがシクストゥス4世とその甥っ子たちを描いたものです。

この対立が、パッツィ家によるメディチ家暗殺事件につながります。

→ パッツィ家による暗殺事件

シクストゥス4世は、都市ローマを近代化し、システィーナ礼拝堂、ヴァティカン図書館などを創設。

マキャベッリは、シクストゥス4世のことを「教皇にできることの可能性をはじめて試したひと」と表現しています。

* 肖像はメロッツォ・ダ・フォルリ作 Musei Vaticani

インノケンティウス8世

1484-92 Innocent VIII

ルネサンスと平行して、ローマ教会は、さかんに「魔女狩り」をやっていた。インノケンティウス8世は「魔女狩り」における急先鋒のひとり!

アレクサンデル6世

1492-1503 Alexander VI

あのチェーザレ・ボルジアの父親。

教皇の地位を金で買ったとか、アメリカが発見されるとそうそうに世界をスペイン(出身地)とポルトガルで2分したとか、名指し批判したサヴォナローラを焚刑にしたとか・・・

かなりひとびとの憎しみをかってたみたいで、息子のチェーザレ・ボルジアとともに毒を盛られたというのは、たぶん、ジジツ。

息子だけは命をとりとめたものの、ボルジア家の命運はこれにて幕。

→ チェーザレ・ボルジア

* 肖像はピントゥリッキオ作 Palazzi Pontifici, Vatican

ピウス3世

1503 Pius III

教皇在位26日間!さいしょからイヤだって言ったじゃ〜ん。

ユリウス2世

1503-13 Julius II

ルネサンスへの貢献度は群を抜いている。

サン・ピエトロ寺院再建をブラマンテに(のちミケランジェロに)、システィーナ礼拝堂の天井画をミケランジェロに、教皇用ロッジャをラファエッロに、依頼した。

芸術を愛しただけでなく、見る目もあった。

→ システィーナの天井画
→ フラファエッロのフレスコ

* 肖像はラファエッロ作(1512) Galleria degli Uffizi

レオ10世

1513-21 Leo X

メディチ家ロレンツォ・イル・マニフィコの息子。

ミケランジェロとはおさななじみ。個人的にはラファエッロのほうが好きだったみたい。

→ メディチ家のひとびと

ユリウス2世がはじめたサン・ピエトロ寺院再建を加速するためにに免罪符を売った。

What a businessman!

しかし、マルチン・ルターは、これにたいし、教会批判(95カ条の質問状)をする。

Martin Luther 1483-1546

* 肖像はラファエッロ作(1518-19) Galleria degli Uffizi

ハドリアヌス6世

1522-23 Hadrian VI

一連の教会批判騒動にたいして教会側のトガを認めたりした。あんまし効果ナシ。オランダ出身だったから?

クレメンス7世

1523-34 Clement VII

メディチ家ジュリアーノ・イル・ベッロの息子。

システィーナ礼拝堂の『最後の審判』をミケランジェロに依頼。

政治的に、いろんな判断を迫られた。

フランス VS 神聖ローマ帝国のイタリア戦争では、フランスを支持してハズレ!

1427年、神聖ローマとスペインの連合軍はローマを簒奪。

→ 戦乱とルネサンス

英国王ヘンリー8世(1491-1547)の再婚にNO!→アングリカン・チャーチ(英国国教会)誕生。

* 肖像はセバスティアーノ・デル・ピオンボ作。

→ ヴァザーリが描いたクレメンス7世

パウルス3世

1534-49 Paul III

イギリス国王ヘンリー8世の再婚問題に、破門宣告でトドメ。

サン・ピエトロ寺院天井画、システィーナ礼拝堂「最後の晩餐」をミケランジェロに描かせた。

肖像画はティツィアーノ作(1546) Museo di Capodimonte, Napoli


(2004.11.14.)

※ このファイル中の教皇名は/ラテン語読み日本語表記/英語表記/です。

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN