EKAKINOKI

ロシアのデザート&果物

ベリー類

イェジェヴィーカとそれで作ったケーキ

ベリー系の果実は、そのワイルドなおいしさにおいても、ビタミン補給という意味においてもロシアではありがたいものです。7月〜9月にかけて収穫されるベリー類は、加工用を除いては、運搬の便利さをはかっておもに冷凍されて市場に出回り、むしろ冬のほうが市販のベリーを買う機会が多いようにおもいます。

russian dessert

あかいカゴの中はスグリ(スマローディナとクルィジョーヴニク)とサクランボ。イチゴが採れるころ・・・「青いスグリはビタミンCが豊富なの。」とか言って、もう待ちきれないかのように食べちゃうのです。このほかにも、チェリー、ブルーベリー、ラズベリーなど、ロシアで食材になる木の実の種類はじつに豊富。

→  ロシアの果樹・画像集

くだもの

russian fruits russian fruits russian fruits russian fruits russian fruits

ロシアでおいしいとされているウリ(ウズベキスタン)、いまではめずらしいとされる種類のブドウ、柿は、ロシアでは「寒さ」にさらして甘味をだします。まともなイチジクやアヴォガドはなかなか見かけない。これは青空市場の終了間際に一個30ルーブルで買ったもの。

かつてソ連邦を構成していたタジキスタンなどの中央アジア諸国からさまざまな果物が入ってきます。中央アジアというのは、多くの野菜や果物の起原とされている地域ですね。農業があまり近代化されていないのが幸いして、めずらしいブドウの種類がまだあったり、また、工業製品のようにつぶがそろった果物や野菜ばかりが並ぶ食産業先進国とくらべると素材の味が濃厚です。でも、なんでもよく洗って食べること!、、、ハハ。

→  在英ロシア人がみたロシアのいいとこ

果物のコンポート

間違いのないおいしいコンポートのつくりかた・・・洋ナシの例

1) 同量の砂糖に切った洋梨をまぜる。
2) 一夜おいておく。
3) 朝、火にかけ、沸騰したら弱火で5分ぐらい煮る。
4) 半日おいておく。
5) (3)をもう一回。
6) 保存。
(おこのみで、レモン、シナモンをいれる。)

「砂糖をつかい熱湯をかけるだけ」という野趣にみちたやり方もあって「それがいちばんおいしいコンポートのつくりかただ」というひともいます。

2003.12.25/2006.08.12/2008.08.11

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN