EKAKINOKI

テーマ展はパーティー?

テーマ展は、それは、あるテーマにそって演出された展示会。

テーマは、今日的な問いかけから発せられたもの、かもしれないし、いや、ごく単純なものでさえある。

たとえば、たとえば森美術館の「ハッピネス」「モダンアートってなに?」・・・

むずかしいはなしじゃなくて、ただのテーマ。今日は天丼かカツ丼かってなぐらいのはなし。

森美術館初見参−ハッピネス展


テーマが決まったら、専門家は、じぶんの知識を駆使しながら、いろんなアートを、テーマのフィルターにかけて、あっちからこっちからひっぱりだしてくる。

じぶんたちなりにテーマへの答えを模索しながら、アートをシャッフルし、再構築していく。

やってるほうも、問題意識をもてて、しかもある程度頭をつかいながら、おもしろいとおもう。

そういう展示会って、いま風で、ヨーロッパでもさかんにやられている。

日本では、あまりない。

従来の展示会は、おおむね美術史にそったおきまりのテーマをかかげてきた。

たとえば、エコール・ド・パリ展、印象派展、みたいのね。


テーマ展は、テーマがあまりにも広大で、じっさいには、フォローしきれていないことが多い。

観客は、疲れ切って展示場を出るころには、テーマそのものは忘れてしまっている。

気に入った個々の作品はおぼえている。

あとで、あれ、この展示会、なんでこういう名称なんだ、ってなもんだ。

なんのパーティーだったかおぼえていなくても、魅力的なひとに会ったのだけは覚えているのとおなじ。ハハ


森美術館年会員のパンフ

もちろん、だからテーマ展はダメとか言うんじゃない。どんどんやればいい。

ただ、テーマが大きすぎて、カヴァーするアートの範囲も広げすぎて、たぶん空回りしやすいんだとおもう。

だって、「カツ丼を有史以来のアートで表現してミ」みたいなもんでしょ。

ビエンナーレみたいなだだっ広いスペース与えられてさ。だれだって、そんなにうまくはできるはずがない。

けっきょく、なにをどのようにやるにしても、どこまで掘り下げられるか、じゃないだろうか。


テーマ展のポジティヴな面は、やってるほうがたのしい、ということだとおもう。

みんなでワイワイ言い合って、クリエイティヴに仕事して、そこから、なにかポジティヴなものがでてくるかもしれない。

なにかいままでとはちがうものを感じさせてくれるかもしれない。

それはそうだ。むずかしそうな顔した文芸員が美術史にそって陳列するのとは、ちがうよ。

展示会そのものがアートなんだから。


森美術館さん、どのどんパーティーやってください!行きますから:)

(2004.07.17)(2005.09.27. 見回り)

かんれんファイル

■ パラッツォ・グラッシの「宇宙展」

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN