EKAKINOKI

歴代のアンナ・カレーニナ

原作 レフ・トルストイ 1828-1910

ソフィー・マルソーが歴代7人目のアンナ・カレーニナなのだそうです。順をおってあげてみます。

Greta Garbo-1927, Greta Garbo-1935

グレタ・ガルポ,1927
Greta Garbo
(米) 監督:エドマンド・グールディング/ウロンスキー:ジョン・ギルバート: サイレントで映画タイトルは「LOVE」。

グレタ・ガルポ, 1935
Greta Garbo
(米) 監督:クラレンス・ブラウン/ウロンスキー:フレドリック・マーチ

ビビアン・リー, 1948
Vivien Leigh
(英) 監督:ジュリアン・デュビビエ/ウロンスキー:キーロン・ムーア/カレーニン:ラルフ・リチャードスン

タチアナ・サモイロワ, 1967
Татьяна Самойлова
(ソ連) 監督:アレクサンドル・ザルヒ/ウロンスキー:ワシリー・ラノボイ

ニコラ・パジェット, 1977
Nicola Pagett
(英) 監督:バジル・コールマン/ウロンスキー:スチュアート・ウィルソン

ジャクリーン・ビセット, 1985
Jacqueline Bisset
(米/TV?) 監督:サイモン・ラントン/ウロンスキー:クリストファー・リーブ

ソフィー・マルソー, 1997
Sophie Marceau
(英・米) 監督:バーナード・ローズ/ウロンスキー:ショーン・ビーン

もっとも、このほかにもロシアでは、1914年(主演女優マリア・ゲルマーノワ、監督ガルディン)、1953年(主演女優アッラ・タラソワ Алла Тарасова、監督ルカシェヴィッチ)などがあります。たぶんそのほかにも、マイナーなのもあるとおもうし、劇場でも演じられてますし、TVでは2000年以降のもあります。

(2004.12.13.)

BBSより

えかきのき 2004.11.18.

ヴィヴィアン・リーの「アンナ・カレーニナ」を見ちゃいました。1948年のイギリス映画ですが、、ロシア人のかったるさがよくでてて、なかなかやるじゃん、でした。でもさすがに、3回にわけて、見おわりました。

アンナ・カレーニナ チェシャ猫亭さん 2004.11.20.

ヴィビアン・リーの「アンナ・カレーニナ」私も見ましたよ、もしやカ☆ヤの「水野晴夫シネマ館」ですか?ソフィー・マルソーのは映画館で見ました。こちらのラストはアンナが線路に飛び込んだのを後悔して這い上がろうとするが遅かった、という描き方だったような。ヴィヴィアン・リーは迷いがなかったですよね? 幸せな家庭はみな似通っているが、不幸な家庭はそれぞれに違う、でしたっけ、含蓄のある言葉でした。

スパーマン版アンナ・カレー煮な ミンチカさん 2004.11.20.

私もアンナ・カレーニナ見ました。ジャクリーン・ビセットとあの可愛そうな クリストファー・リーヴ版のですけど。幸せはまるで逃げ水のようだと思ったもんです。

アンナ・カレー煮な英・仏合体風味? チェシャ猫亭さん 2004.11.22.

C.リーヴが「アンナ・カレーニナ」に出ていたんですか。しかもジャクリーン・ビセットと共演とは、なつかしい女優さんです、「アメリカの夜」とか好きでした。

48年の「アンナ・カレーニナ」って主演はイギリスのヴィヴィアン・リー、監督はフランスのデュヴィヴィエ、英仏合体風味のカレー煮なになってるんでしょうか。

ロシア版「アンナ・カレーニのカレーナ」といえば、映画版の決定版は67年頃のソ連のだといわれてるようですね。たしか3時間半くらいの大作だったような、未見ですが、長いのは勘弁。

えかきのき

いましらべてみたんですけど、、145分、ってなってました〜。2部にわかれてるようです。。

明日考えよう チェシャ猫亭さん 2004.11.25.

ヴィヴィアン・リーといえば「風と共に去りぬ」のスカーレットですよね。彼女のように「明日、考えよう」と楽天的であれば、アンナは死なずに済んだかと。ひとばん、ぐっすり眠れば、たいていのことは朝には解決しているような?

えかきのき 2004.11.26.

アンナが一晩ぐっすり寝たら、どんなアイデアが浮かんだとおもいますか? はは、、小説にそんなにムキになってもしょ〜がないですね。 ニキータ・ミハルコフあたりがアンナ・カレーニナ作ったら、 いったいどんな映画になるのでしょう?!でも、元気になってからかんがえようって、 いいですね。ふふ

ミンチカさん 2004.11.27.

お肌の調子が整う。

えかきのき 2004.12.13.

アンナ・カレーニナはじっさいにあったはなしではなく、アレクサンドル・ドュマのなにかを読んでいてひらめいたみたいですね。ただ、トルストイがアンナ・カレーニナを書いたころ(1873−77年)、ロシアでは、女性の大学入学が認められたりとか、女性の権利に対する意識が高まっていたそうです。

アッラ・プガチョワが歌う「アンナ・カレーニナ」からすこし・・・

(以下超意訳/歌詞:ニコラエフ)

人を愛しているのを隠すなんて、なんてばかげてるの!涙もなく、目だけがキラキラとひかってる。アンナ、神にかけておしえて、、愛してはいけないひとなんている?!

わたしの声はかき消され、人生は踏みにじられ、自由な心をうしなって、それで?、、泣けというの?、、歌えというの?

あなたはわたしよりずうっとまえに苦しんでいたわ。気も狂わんばかりだった。こんど生まれかわったら、、わたしたちはおともだちよ、いっしょにしあわせになるわ。

(訳おわり)

http://gaia.ru/abp/showsong.php?d=07&s=02

虹乃下鳴蛙 2012.07.11.

"ソフィー・マルソーが演じたのが、7本目の映画「アンナ・カレーニナ」"とありました。それは正しいかどうかは知りません。すでにご存じかもしれませんが、1本目はやはりグレタ・ガルポです。ただし、「アンナ・カレニナ」(原題:LOVE)27年です。原題はこれだけが「アンナ・カレニナ」ではないので、見つからなかったのではないですか。

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN