EKAKINOKI

「ザ・シーン ポストモダン・アート」

PARCO出版 / "The Scene: Reports on Post-Modern Art" - Calvin Tomkins / 続編「ポストからネオへ〜1980年代の美術界」もでたそうです。

著者のカルヴィン・トムキンズは「ニューヨーカー」誌のジャーナリスト。NYアートシーンをたんたんと語る姿勢はジャーナリズムに徹している。

・・・・・ゲルツァーラー奮戦記/ウォーホルとその仲間たち/グロスマンとリトグラフ工房/「EAT」の実験的プロジェクト/大自然に挑むアース・アーティストたち/メカスとアンダーグラウンド・シネマ/ナム・ジュン・パイクの電波遊泳/ウィルソンの大河演劇・・・・・

しかし60年代以降のアメリカ・アートたって〜〜〜、、内容はむちゃくちゃ濃いし、とりとめなさだってあるし、、、トムキンズはニンゲンを追っかけてるというか、、アーティストたち本人をよほど知ってなきゃこれだけすっきりと書けない。

かなりボリュームがある。本が分厚いというイミではなく、裏づけになっている現実の多様さに圧倒されます。そういう多様な現実についていこうとすると、どうしてもあるていど間を置きながら読むことになって、図書館から督促の電話がくるのにおびえながらいまも手元に置いてあります。うふ

訳者はトム・ウルフの「現代美術コテンパン」を訳した高島平吾さん。ごくろうさま〜。。

(2005.06.23.)

かんれんファイル

■ ゲルツァーラー
■ ナム・ジュン・パイク
■ 現代アメリカのアートシーン(リンク集)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN