EKAKINOKI

瀬木慎一の「西洋美術事件簿(二玄社)2003年」

瀬木慎一の「西洋美術事件簿」事件簿だなんて、醜聞かな?泥棒さんのおはなし?

ふふ、むかーしむかしの美術界の、すでに時効になった事件簿。

瀬木慎一氏は真贋関係が多いですが、ここでは、当時の社会情勢からさまざまなアーティストの真実を読み解く、みたいなかんじです。

たとえば、レンブラントは金持ちの奥さんをもらってすっげーいい暮らしをしてたのに、晩年スカンピンでした。なぜ?みたいな。

いきま〜す!


レンブラントは、奥さんが死んだあと、酒と女に金を湯水のように使ってしまったわけでもなく、レンブラントの作品がすたれて売れなくなってしまったわけでもなく・・・

この小国(オランダ:1601年にスペインから独立)の目ざましい躍進も、しかし、わずか半世紀ほどの間のことで、遅れを取ったイギリスが、まず1651年に、航海条例を制定して、オランダ船を追い出した上、三度にわたる戦争を挑む。フランスもまた、コルベール体制のもと、猛烈な攻撃を仕掛けて、1672年には国内にまで侵入する。

このようなヨーロッパ諸国の熾烈な抗争をたどっていくと、1653年の一人の画家の経済的な変動が、単に個人的なものではないことが、おのずから明白となるだろう。直接的には、一国全体を襲った景気の急激な後退が、宮廷からブルジョアに至る富裕層に及んで、すべての経済投資を揺るがせ、美術品売買を一気に停止状態に陥れたのである。

たとえば、クールベ。

クールベは、作風そのものはクラシックですが、スピリチュアル(精神的)な部分で、印象派が歴史に登場する起爆剤になった、みたいな瀬木氏のクールベ観はおもしろい。

一見、その強固で攻撃的な姿勢を見て、「こんな人間は鰐でも喰わないだろう」と当時の批評で排撃されたクールベだったが、けっして硬直的ではなく、自分のなかに爆弾を抱いてはいるが、それを極力抑制できる人間のタイプだったように思われる。

ところで、この本のタイトルの「事件」とはナニ?美術史上の事件?それとも社会的な事件?

さては、出版社のヤラセだな。(笑)

(2003.08.25)

レンブラントかんれんファイル

■ 映画『レンブラントへの贈り物』
■ レンブラントがスカンピンになった社会事情(本)
■ レンブラントとレンブラント派展

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN