EKAKINOKI

「小説 イエスの復活」

エリック=エマニュエル・シュミット著 / L'Evangile selon Pilate / Eric-Emmanuel Schmitt / 阪田由美子訳 / NHK出版 / 2001年

小説・イエスの復活

イエスは、ゴルゴダの丘で磔(はりつけ)の刑に処せられ、その3日後に復活した。

このフシギな事実を、『ニンゲン・イエス』の煩悶から、磔刑にGOサインを出したローマ帝国の総督ピラトの心の動揺から解き明かします。

Pontius Pilatus (在位 AD 23-36年): ピラトは、ローマ領ユダヤ第5代総督です。のち、失脚し流刑となりました。

原題は『ピラトによる福音書』。

磔刑を執行した張本人のピラトによる福音書というところがおもしろい。ぐいぐいあの時代に引き込まれます。


ピラトの妻でチャキチャキのローマ貴族だったクラウディアの人間性と、クラウディアとピラトの関係性もひとつのキーになっているとおもう。

幼いピラトの哲学教授だった犬儒学派のクラテリオスにはおもいっきり笑わせられます。

クラウディアの従兄弟でプレイボーイだったファビウスからは、当時の社交界のムンムンとした雰囲気がつたわってきます。


それにしても、十字架を信仰のシンボルにするとは、よくかんがえると、過激ですね〜。

魚でも星でも、なんでもよかったのに。

(2002.09.16)

かんれんファイル

■ BBCが再現したイエスの顔
■ トリノ・ドゥオーモにあるイエスの形骸布
■ 和の風景にマッチするジーザス
■ ティントレットが描いた『ラザロの蘇生』

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN