EKAKINOKI

まんが「ギャラリーフェイク」感想

細野不二彦著, 1999年(小学館)

まんが「ギャラリーフェイク」


おもろいとこ・・・

(1) 美術がテーマのマンガはあまりない。

(2) つづきがあれば読む。(あるみたい)

(3) 主人公フジタはフェイク(贋作)ギャラリーをやっていて、裏ではすごい名画を取引きしたりしています。その名画がときとしてフジタのギャラリーにあったりして、尋ねられると、とぼけたり。(笑)欧米ではフェイクはひとつのカテゴリーで、フェイクだけの展示会とかもある。ティツアーノの17世紀フェイクとか。

(4) フジタは、あやしげなコネクションをつかって、行方不明の名画をスンナリと手に入れたりします。それらの名画は、美術館におさまったり、またどこかに流れたりします。

(5) モネの「つみわら」のほんものを、アパートの管理人のじっちゃんがフジタからフェイクの値段で買って、コタツで酒飲みながらながめてる。

(6) フジタのキャッチフレーズは、「芸術に魂を売った男」。

(7) フェイクかフェイクでないかというテーマは、ひとがアートについてなにをかんがえているかを浮き彫りにして見せてくれます。


すきでないとこ・・・

(1) 「鑑識に精通したプロ」という設定はストレートすぎる。(アメリカの某美術館でキュレーターをやってたというハクまでつけてる。)そもそも鑑識でひとりの人間がカヴァーできる範囲はかなりかぎられています。

(2) 「美術界の腐敗を一掃する」??なにが腐敗?フェイク?フェイクがあるからおもしろいという現実もあるけど。

(3) ヒーローとヒロインがステレオタイプ的にかっこよすぎる。ゴルゴ13じゃないんだから。

(2004.06.30)

かんれんファイル

■ ギャラリー・フェイク選集

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN