EKAKINOKI

バルザックの「知られざる傑作」

"Le Chef-d'oeuvre inconnu / The Unknown Masterpiece(1831)" by Honore de Balzac (1799-1850)

1600年代のパリです。老画家フランオーフェル(Frenhofer)は、一生に一枚の究極の作品を描きあげようとしていました。

ついに出来あがった作品は、ただ絵の具が塗りたくられているだけのシロモノ。

「なにも見えないけど・・・」と、友人の画家に言われたフランオーフェルは、その晩、作品を燃やして死んでしまいます。

フランオーフェルは架空の人物ですが、この短編小説には、実在した画家が3人登場します。


ひとりは、マビューズ。マビューズはローマで学んだ北方ルネサンスの雄です。フランオーフェルはマビューズの唯一の弟子だと称し、先生マビューズのことをたえず語ります。

Mabuse: Jan Gossaert, Gossart 1478?-1533/36

Mabuse

マビューズ作「聖母子を描く聖ルカ」部分


もうひとりはフランオーフェルのおともだちで、老肖像画家のポルビュス。

Frans Pourbus, the younger, 1569-1622

ポルビュス作「マントヴァ公ゴンザーガ・ヴィンチェンツォ」

フランス・ポルビュスはアントワープ生まれ。兄とともに父親の元で修行したのち、ブリュッセルでスペイン王室に仕え、イタリア・マントヴァ公の元ではルーベンスとともに働いていました。そののち、フランス王アンリ4世(1553-1610)のもとで宮廷画家を勤め、アンリ4世の妻マリー・ド・メディシスは、ポルビュスが死ぬとその替わりにルーベンスを迎え入れています。

Peter Paul Rubens 1577-1640

ポルビュスはフランオーフェルの才能を高く買っていましたが、「フランオーフェルは裕福なために余分なコトを考え過ぎる。画家は絵筆のなかに答を見い出すべきだ。」と、穏やかに語ります。


Honore de Balzac The Unknown Masterpieceそして、ポルビュスが穏やかに語りかける相手が、3人目の画家ニコラ・プサンです。若きプサンが恋人ジレットとともに登場することで、この小説がとてもイキイキしています。

Nicolas Poussin 1594-1665


それにしても、バルザック爺、なぜこの3人をえらんだ?このチョイスがおもしろい!


ちなみに、ピカソもこのはなしが好きで、ポルビュスのアトリエがあったとされるグラン・ゾギュスタン通り (Grands-Augustins 7)にじぶんのアトリエを移し、あの「ゲルニカ」を描いています!

(2003.08.20)

かんれんサイト

『知られざる傑作』をモチーフにした映画 "La Belle Noiseuse 1991" - 邦題『美しき諍い女(いさかいめ)』。

 → amazon に「美しき諍い女」DVDがあります。


BBSより

ヤナイさん 2003.09.03.

デュラス「アガタ」はあんまり一般的な本ではないような気がするけれど、バルザックなら、だれにでもすすめられますよね。「知られざる傑作」も、抽象画とかない時代なのに、まるでそれを見越していたかのようなふしぎな作品。

それほどたくさん読んだわけじゃないですが、「ゴリオ爺さん」は傑作だと思います。これほど人間を深く洞察し(相当の悪意を込めて)た作家はなかなかいない。

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN