EKAKINOKI

映画「真珠の耳飾りの少女」

映画「真珠の耳飾りの少女」 2003年 監督:ピーター・ ウェーバー 主演女優:スカーレット・ヨハンソン

「真珠の耳飾りの少女」1665ごろ Mauritshuis, The Hague 気づいた?、、左右反転してあります。

映画「真珠の耳飾りの少女」のなかの少女、よくあそこまでフェルメールの絵に似せたなぁ、、たいしたもんだ、、ってビックリしてたら・・・

なんとあの女優、、ソフィア・コッポラ監督の「ロスト・イン・トランスレーション」で主演はってた女優さんとおんなじなんですね。2度ビックリ。。

見たときはなんてことない映画のような気がしてたけど、あとで思い返してみると、その「なんてことなさ」がこの映画のよさかな、ともおもった。

フェルメール家に仕える少女がフェルメールの画業を手伝うようになり、フェルメールときわどい視線をかわすようになり、いっぽうで肉屋の息子との恋も平行してたし、フェルメールのパトロンに目をつけられてもらい受けられそうになったり、あげくの果ては奥様の真珠をつけてフェルメールのモデルになったために家を追い払われ・・・

しかしいくらこの召使いの少女が主人公だからって、この映画はやはりフェルメールあっての映画。でも、そんな日常的なデキゴトをつなぎあわせているせいか、こういう映画にありがちな「おおげさな巨匠崇拝」みたいのがなくてよかった。

だってさぁ、、天才とか巨匠とかって言うけど、、

それはおもに内面の世界のことで、「ふだんなにしてる?」って聞いたら、たぶん・・・「犬の散歩」「温泉いった」「ソバ食った」・・・とくになんもでてこないよ。

内面の葛藤をしているひとたちは、ショープレイ(目立つような行動で点数をかせぐ)してるわけじゃないから、本来は、映画になんかなんないとおもう。

常軌を逸したひとたち?ゴッホみたいなひとのこと?でももしそんなひとがじぶんの身のまわりにいたら、、?!

ただの貧乏ったらしいおっさんで、きたならしくて、なんかワケわかんなくて、ときとしてキケンなぐらいいかれてて、夢みたいなことばっか言っててちっともまともな生活できなくて、、

映画にしたいなんておもう?けむいでしょ?避けない?

偉大さとかストーリーとかって、ニンゲンがあとで作り出すものって気がしないでもない。それに「作品」にこそ偉大さがあらわれているんで、その人生まであまりに脚色したり神格化するのって、しらけるし、、できれば、もっと手元にたぐり寄せたくなる。。よ〜っこらさ!

(2005.01.25.)

かんれんファイル

36点目のフェルメール
フェルメールと贋作
外国人の目に映った東京(ヨハンソンかんれん)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN