EKAKINOKI

1700年代を象徴するティエポロ親子

Giambattista Tiepolo 1696-1770 Venezia-Madrid
Giandomenico Tiepolo 1727-1804 Venezia

ジャンバティスタ・ティエポロは、1700年代イタリア美術界を代表するアーティストのひとりです。

スペイン王宮の仕事を請け負っていたため(1762-1770)、マドリッドで没っしました。

マドリッドでは、ゴヤに影響をあたえたといわれています(!)

Francisco de Goya, 1746-1828

父子ともに有名で、息子ジャンドメニコ・ティエポロは、さいごまで父親といっしょに仕事をしていました。

ちなみに、ヴィチェンツァのこびとの別荘(ヴィッラ・ヴァルマラーナ)のフレスコ画は、スペインに行く前、ジャンバティスタ61才、ジャンドメニコ30才ごろの作品です。

ヴィッラ・ヴァルマラーナのフレスコ画

ヴェネチアでティエポロ作品がみれるところ・・・ San Apostoli, Santa Maria dei Gesuati, Santa Maria della Fava ・・・


いっけん、のどかな時代にみえますが、じつは、つかのまののどかさでした。

1700年代、ヴェネツィア共和国は、ナポレオンに息の根を止められるまでの最後の世紀です。

オスマン・トルコ帝国やヨーロッパ列強にいびられ、かつての勢いをすっかり失っていました。

さらに、1700年代後半にはイギリスで産業革命がおこり、1825年にはもう蒸気機関車です!

偉大な伝統を背負ったイタリアのアーティストたちはいったいなにを感じていたでしょう?

(2001.06.18)(2004.12.02. 見回り)

かんれんファイル

のどかな1700年代ヴェネチア
ティエポロのフレスコで飾られたこびとの別荘

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN