EKAKINOKI

ひたすらじぶんの心を描いたフリードリヒ

カスパー・ダーヴィド・フリードリヒ
Caspar David Friedrich 1774-1840

Vittorio Sgarbi 評訳

Caspar David Friedrich「画家は目の前にあるものを描くだけではだめだ。自分自身の内面を描かなくてはいけない。もし自分のなかになにも見つけられなければ、目の前にあるものも描かないほうがいい。」これがドイツの偉大な画家フリードリヒのモットーだった。

20年来付き合いのあったロシアの詩人、ジュコフスキー (*)が1840年に彼のことをこう語っている。

「コサックのような髭、厳しい眼光。内向的。孤独癖。病的で、なにかにとりつかれたようなかんじ。社会からまったく孤立していた。」「フリードリヒは、まるで物悲しい廃虚のようだ。彼は赤ん坊のように泣いていた。」

それからまもなくしてフリードリヒは死んだ。


フリードリヒのアトリエは、イーゼルと椅子とテーブルがあるだけで閑散としていた。壁には「T に」と書かれていたが、その意味はだれにも分からなかった。隣の部屋にはオイルの入ったビンとぼろきれ布が押し込められている。余計なものがあると心を邪魔されると、彼は考えていた。フリードリヒの作品は、そんな薄暗い部屋のなかから産み出された。

フリードリヒ作品は現実の奥深くに食い込んでいく。しかもそこにあるのは、つねに相反したふたつの感情だ。心の飛翔と狼狽。幸福感と不安。自由と拒否。ただひたすら自然をみつめつづけたこのロマン派の詩人が人々に理解されるのには、それからさらに一世紀を待たなければならなかった。


Caspar David Friedrichフリードリヒ作品には、しばしば人間がいないか、いてもまったく孤立しているか、広大な空間のなかにえがかれたミニチュアだ。たとえば「草原の朝」という作品。空と山と水。果てしなくつづく畑のなかにえがかれた羊飼いと羊の群れ。地平線。この作品は、風景とはまったく別の「瞑想する心」を象徴している。あるいは山の上にえがかれた「十字架」の作品。これはキリストが処刑されたカルヴァリオの丘だろうか?それともやっと辿り着いたパラダイス?殉教のすえに得た至福感?

フリードリヒはこころの底からクリスチャンだ。彼の自然にたいする姿勢は、「神(宇宙)」をまえにした人間の無力さだ。それでもなおかつ、人間がその宇宙の一部分であることに執着している。だから作品にえがかれた人間は、宇宙のなかでとまどいつづける人間のちっぽけさを表わしている。


フリードリヒの作品が再評価されるようになったのはドイツにおいてだった。ワシントンのナショナル・ギャラリーも、その後目をむくような高額でフリードリヒの作品を購入した。1972年には、ロンドンのテイト・ギャラリーでフリードリヒ個展が催された。1974年、フリードリヒ生誕200年を祝う記念展示会がモスクワ、レニングラードで催された。ハンブルグ、ドレスデンでも同様の展示会があった。


フリードリヒは自然と厳しく対峙し、その懐に入り込んでいく。「本当のインスピレーションは、心のなかからしか湧きあがってこない。」と言いきった。そのためにフリードリヒは薄暗いアトリエで「内なる自分」とむきあう。彼のデッサンは繊細で、しかも心をえぐる。パリのマレー・センターは、モスクワのプーシキン美術館からフリードリヒのデッサンを借りたのちに購入した。

彼の手紙がまた興味深い。フリードリヒはあえて幾何学的構成をくずしている。それは光のつかいかたにもおよぶ。作品にえがかれた光はけっして自然のものではない。まるで宇宙の光か、まったく異次元の物理法則が支配する世界の光のようだ。

「生と死」、「希望と復活」、そこにはあきらかにキリスト教の影がみえる。しかしそれよりも強く感じられるのは、自然のはざまで浮き沈みする人間の謎であり、運命であり、矛盾だ。


ターナー(1775-1851)にとって、自然は偉大で荘厳なものだった。人間はその次にくる。フリードリヒにとって、自然の広大さは、逆に人間の苦悩を浮き彫りにするものだった。宇宙の広大さにふさわしい心をつかみとるためには、さまざまな苦境を乗り越えていかなければならない。

13才のとき、スケートをしていたフリードリヒの足元で氷が割れた。フリードリヒは一緒にいた兄のヨハン・クリストファーに助けられたが、それが原因で兄は死んだ。

(2000. 訳)(2002.03.20. 見直し)

※ 原著: "Il Sogno della Pittura (Marsilio)"

※ ファイル中の画像: (下) 「窓辺の夫人(1822年・44x37cm)」


かんれんサイト

トロツキーのジュコフスキー論(志田昇訳)
http://www.marxists.org/nihon/trotsky/1900/..
ワシーリー・アンドレイヴィッチ・ジュコフスキー(1783-1852)はプーシキが師とあおいでいた詩人。


かんれんファイル

■ ひたすらじぶんの心を描いたフリードリヒ
■ フリードリヒの凍てついた時間
■ 時代不詳のフリードリヒ
■ 宇宙展(2000年):パラッツォ・グラッシ(ヴェネツィア)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN