EKAKINOKI

イタリア美術館の予約制にモノ申す

Italy museum

初期ルネサンス巨匠のひとりジョットのスクロヴェーニ礼拝堂(パドヴァ)にあるフレスコ画です。なんとこの礼拝堂を見るのが予約制になってしまった。それだけではない。「20日前までに予約」しなければならない!

はるかかなた極東の日本で20日前までに「X月X日のX時にパドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂いっちょう〜」なんてどうやって決められるの?年に一回だけ催されるヴェローナの野外オペラとはわけがちがう。近くを通りがかったら、また立ち寄ってみようかということもできなくなる。これでは、遠い国にある作品が、ますます遠のいてしまう。

狭い場所にガンガン観光客が入って来るのは困るという作品保護の目的はわかる。でも世界じゅうの愛好者がジョットの作品を見るのをたのしみにしている。せめて外国人の枠を設けるなり、当日枠を設けるなり、できないものだろうか。クジとか!一日ぐらいなら、ジョットの作品を見るために朝6時から並ぶのはよろこんで我慢しよう。

ピエーロ・デッラ・フランチェスカのサン・フランチェスコ教会(アレッツォ)フレスコ画もそうだ。教会内は自由に出入りできるが(昼休アリ)、礼拝堂は予約制。当日の予約はムズカシイ。たくさんの外国人が見損ねている。

マンテーニャのゴンザーガ城・カメラ・デッリ・スポーズィ(マントヴァ)フレスコ画も最近予約制になった。マントヴァはすこし不便なところにあるから、平日など、観光客の少ない日はまあ、入れる。しかしマントヴァまで電車を乗り継いで、マンテーニャのフレスコ画が見られなかったら目もあてられない。マントヴァ特産「ニンニク入りのサラミ」と「モルタデッラ(ハム)」を山盛り食っても癒されない!

そうだ!インターネット上で申し込みができないだろうか?ところが「そういうサーヴィスはまだない。」と言われた。日本からでも電話予約しか方法はないなんて!京都のお寺を訪問するあらゆるイタリア人に、20日前までの予約を義務づけるよう!「報復措置」は仏教国の伝統に反するが、イタリアに予約制の美術館なり礼拝堂がふえたらコマルもんね。

かんれんファイル

■ ピエーロ・デッラ・フランチェスカ
■ マンテーニャ

(2001.06.13.)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN