EKAKINOKI

「写真みたい」と「写真」の違い

「写真みたいな絵」ってありますよね。あるいは「写真のように描いた絵」。

美術的には「フォトリアリズム」「スーパーリアリズム」といいます。

あれと「写真」はまったくべつものです。

「フォトリアリズム」の作品をみたツレはなんと言いますか?

「うわっ、写真みたいだ!」でしょ?すでに写真ではないと知っています。

じゃなんですか?絵、でしょ?そう、絵、です。

おわかりのように、いっぽうは「写真」で、いっぽうは「絵」です。

べつもの、です。

蝋人形に驚くのと似ているとおもいませんか?

そのおどろきが「フォトリアリズム」の本質です。

なんでおどろくのかを掘り下げていくのが、「フォトリアリズム」です。

ハハ。独断と偏見の「フォトリアリズム論」です。

superrealism superrealism

Francesco Capello

一説によると、「フォトリアリズムは、ポップ・アートなどの刺激を受けつつ抽象表現主義に対する反動として1960−70年代にアメリカで発生した。(wikipedia-english)」

なんでそんなことをはじめたのか、という疑問にたいしては、説得力ありますね。

(2002.03.04)(2016.04.29 見回り)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN