EKAKINOKI

具象?抽象?感動したいだけ

しゃもじさん

実は今学校の論文で具象画と抽象画のちがいについての論文をかいている真っ最中なんですが、かなり行き詰ってる状態です。・・・難しい。何故かというと、

抽象画と具象画って形としては違っていても画家が自分の気持ちとか感情をキャンバスに描くということは一緒だから区別するのはおかしいのでは、という説があったり、具象絵画と抽象絵画の概念というのは違うからまったく別物でしょという説があったり・・・

えかきのき

あの、まず「歴史的推移」というのがあるのですう。それと、、どういう立場からものを言うかによってもちがってくる。そこらへんをおさえると、だいたいのとこは説明がつくとおもうけど、、

しゃもじさん

この論文についての面接が学校であったんですけど、では抽象画って一体何なのか、具象画って一体何なのかというところからして先生と意見が違っていて(まぁ論文なので他人と意見が違うのは多々あることだけれども)

カンディンスキーの描いた絵は抽象画であると一般的にそういわれていますが、先ほどと少し関係して、具象とか抽象とか区別なしに画家の気持ちが大切なのであって、そうやってわけるものじゃないのかもとか頭の中でぐるぐる回ってしまって整理がつかない状態です。

えかきのき

抽象表現といってもカンディンスキーとポロックとではチガウようにいろんな考え方があったわけで、、そういう史実のどこに具象と抽象の線引きをするかは、ひとそれぞれちがってトーゼンですよネ。

あと、、研究者の立場からなのか、アーティストなのか、傍観者なのか、、、そこらへんがまざってたりして。。しゃもじさんの場合は、あくまでも研究者の立場でしょ?

しゃもじさん

研究したい内容としては、

抽象画についてはその幾何学的、そして視覚的に訴えるスタイルはなにが原因でどういう理由から生まれたのか。 具象画については、その写実的なおかつ、との作品の作者がその画面を絵にしたのは何故か。また細かく描写された人物などの肉体構造の美を描きあらわした理由は何なのかに迫る。

えかきのき

いっしょうけんめいかんがえてくださ〜い。でも、アタマのなかグルグルってのは、ふっきれて開花する寸前かもしれませんネ♪

しゃもじさん

一人一人人間が違うように画家に概念の違いこそはあるものの、具象と抽象と区別されていても、それぞれの作品がアートとして成り立っている以上は同じ見方でそれらの作品をみてよいのだろうか・・・

えかきのき

現代人にとって抽象表現は既成事実です。どんなにリアルに描いてもそれはもはや「リアリズム」ではなく、どんなにアブストラクト(抽象)に描いてもそれはもはや「アブストラクト」ではなく、すべて、「アブストラクト以降のナニカ」。いまさら「抽象か具象か・・」ではなく、じゃあどういう表現をするか、どう見るか、だとおもいます。なにより感動したいですね。

(2005.02.10.)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN