EKAKINOKI

キアロスクーロ/ルネサンスとバロックの多色木版画

国立西洋美術館 2005.10.08-12.11

1500-1600年代彩色版画の展示会です。

展示会のチラシ

クラナハとか北方系の版画もありましたが、イタリア版画の人間的な優しさにはかないません。

展示会のハイライトは、マンテーニャの「カエサルの凱旋(原画はロンドンのハンプトン・コート宮所蔵)」の版画でしょう。

40センチ四方ぐらいの作品が数点なのですが、「紫色に金色のハイライトがはいっている作品」は、版画の作者アンドレア・アンドレアーニ(Andrea Andreani 1558/59-1629)が依頼主マントヴァ公におまけに贈呈したもの!


ベッカフーミのしかも版画にこの展示会でお目にかかれるなんてオドロキ。ラインがすごくまろやか。

Beccafumi

展示会図録より・・・ベッカフーミの「横たわるひとびと / 1544-46ごろ」

ウーゴ・ダ・カルピ(Ugo da Carpi 1480?-1532)の作品はすごく絵画的です。

また、ラファエロ、ティツィアーノ、パルミジャニーノ、グイード・レーニなどの絵を版画におこしたものが数多くありました。

(2005.12.04)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN