EKAKINOKI

具象だけどノン・フィギュラティヴ?

BBSより


ヤナイさん 2005.02.10.

具象と抽象って、悩むかなあ。 簡単だと思ったけど。 この世(やあの世)にある何かをかいてあるのが具象。 そうでないのが抽象。 言い換えれば、単純に色やかたちをかいているのが抽象。 で、どうでしょう。

対象と非対象(ノンフィギュラティブ)っていうのはすごくむずかしい。 わたしは、ウォーホルやリキテンスタインは、具象だけど、ノンフィギュラティブだと思ってます。


えかきのき 2005.02.10.

具象だけどノンフィギュラティブ?なんじゃらほい?

ことば的には、ふつう「フィギュラティヴかノンフィギュラティヴか」ですよね?

それとはべつに、「具象画だけどアブストラクトな表現」とか「抽象画だけど、なに描いてあるか見えちゃう」みたいのはあるとおもいますけど。

ただ、一般的には、 アブストラクト=ノン・フィギュラティヴじゃない?


ヤナイさん 2005.02.11.

えー、まあ、ふつうはそうでしょうね。 ただ、ノンフィギュラティブって、ワタシ的には、対象が実際にない絵画ってことです。 ポップアートの大半は、実際にマリリン・モンローや女性を描いてるんじゃなくて、社会に流通している彼女たちの「イメージ」が対象になっていますよね。 そういう意味で、ふつうの具象画とはちがうんじゃないかと。


えかきのき 2005.02.12.

なるほど!

でも、言葉的にはなんかフクザツですね。(笑)

(2005.02.12)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN