EKAKINOKI

明るい窓:風景表現の近代展(〜2003.03.30 横浜美術館)

17-20世紀初頭のヨーロッパと日本の風景画を並べてみる試みです。

比較してどうのこうのはとくになかったかな。

コローの『舟渡し ドゥエ近郊(1870-72)−島根県立美術館蔵』を見られたのは満足。

ターナーの『タンバリンを持つ女(1840-50)−栃木県立美術館蔵』は、近くで見ると象徴主義っぽかっく、遠くから見ると印象派ぽく。

黒田清輝作『逗子五景(1898)−神奈川県立近代美術館蔵』は5連の小作品です。黒田清輝は描くことをたのしんでる!

ところで、風景画におおきな影響を与えたクロード・ロラン(1600-82)作品と、その影響を受けた画家たち(たとえばリチャード・ウィルソンとか)の作品がずらりとならんでいるコーナーは圧巻でした。

展示会の残像としてのこったのもソレ。

(2003.03.31)(2004.11.07. 見回り)

かんれんファイル

■ クロード・ロラン

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN