EKAKINOKI

ウィーン美術史美術館展

Kunsthistorisches Museum
東京芸大大学美術館 2002.10.05-12.03

クラナハ、ルーベンス、デューラー、ベラスケス、フランス・ハンス、ペルジーノ、ジョルジョーネ、ティツィアーノ、ティントレット、アルチンボルド、カラヴァッジョ、ジェンティレスキ、カナレット、ジャンドメニコ・ティエポロ・・・

かつてのハプスブルク家至宝80点あまりを展示。

展示会のパンフを見ると、デューラー、ベラスケス、ルーベンスなどのほうがより強調されているようにみえますが、むしろイタリア絵画のよさをぞんぶんに愉しむことができる展示会でした〜。

こういう展示大好き〜♪

Guido Cagnacci

ボローニャ派グイード・カニャッチの『クレオパトラの自殺』


ティントレットの肖像画はユーモラス。

ラファエッロの先生ペルジーノ作『キリストの洗礼』は、オレンジとブルーの配色がはえています。

ジョルジョーネの『兜をもつ少年の肖像(1510年)』は、ジョルジョーネ没年作!推定ジョルジョーネ。ちょっと見は地味。(しかも壁ぎわ)

マンテーニャ作『カエサルの凱旋行進』の迫力ある下絵(1590-1620年のコピー)。

ティツィアーノの『キリストの埋葬』。

カナレットの市街風景。

アルチンボルドの野菜ニンゲン。ニンゲンの顔を野菜やら果物で構成したあれ。塗りは薄いんですね。ほとんどツルツルです。

オランダ人フランス・ハルスの『若い男の肖像』もとてもよかったです。


カラヴァッジョの『キリストの荊冠』は、額に張り付いた金のシャチホコ(!)がちょっと気になった。

推定カラヴァッジョです。しかし、カラヴァッジョ作であるかどうかより、この作品はカラヴァッジョについていろいろなことを考えさせてくれました。

そして、けっきょくさいごは『キリストの荊冠』の前に長い時間はりつけになっていました。


カラヴァッジョ派オラッツィオ・ジェンティレスキの『エジプトへの逃避途上の休息』・・・さすがですね、底力のようなものが伝わってきます。

Orazio Gentileschi

オラッツィオ・ジェンティレスキ。おなじテーマですが、これはルーブル美術館にあるもの。

〆に、芸大学食で優雅な昼食。

ハムサンド、コーヒー、ミネラル・ウォーター・・・

計420円なり〜

(2002.10.11.)(2004.02.24 クラナハの画像追加)(2004.12.09. 見回り)

かんれんファイル

■ カラヴァッジョの『キリストの荊冠』

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN