EKAKINOKI

スカンディナビア風景画展

19世紀後半〜20世紀初頭のスウェーデン、デンマーク、ノルウェー風景画展

Scandinavian Landscape

東京ステーションギャラリー での、スカンジナビア風景画展(2002.09.10-11.10)を見てきました。

スカンディナビア風景画展の作品がどうのこうの言うつもりはないのですが、おなじような文化圏にあった当時のロシア美術界のほうが、よりダイナミックだったようにおもえてしまいました。

結果的に、ちょっと物足りなかったというか。出会いがなかった、というか。

まぎれこんだかのように、ムンクの作品が一点ありました。『赤い家のある海岸(1904年)/Munch Museet, Oslo』。

Edvard Munch 1863-1944

そのほかに、アウグスト・ストリンドベリ(劇作家)の海景習作3点(1892年/National Museum Stockholm)を見つけました。雰囲気アル。

August Strindberg 1849-1912:


BBSより

ヤナイさん

スカンディナビア風景画展、わたしはすごく良かったとおもいますよ。ムンクはそれほど大したのが出てなかったけど。

↓ 「スカンディナビア風景画展(北海道美術ネット)」のファイル
http://www5b.biglobe.ne.jp/~artnorth/t-scandi..

えかきのき

さいごの部屋に、リアリズムからすこし発展した絵画が展示されていましたが(ムンクもそこ)、「そこがいちばん良かった。」という囁きがチラホラきこえました。これはつまり、「スカンディナビア風景画というよりも、むしろ、そののちフランスを中心に展開していく絵画の流れのほうに、わたしたちの目が慣れている。」ということなのでしょうか?

ましろさん

えかきのきさん、『スカンディナビア風景画展』行って来られたのですね。 仲のいい東京の友達も行って来たようで話を聞きました。ムンクのことは言ってなかったですぅ。ムンクもいいですね。

えかきのき

ムンクの作品は、あまり完成度が高くないものでした。素通りしてしまったひとのほうが多いんじゃないかなぁ、、、

ヤナイさん

ムンクについては、1981年に道立近代美術館で開かれたムンク展に「叫び」「思春期」などすごいのがずらっときてたので、今回のはわりと雑めな絵かなと。

(2002.10.16)(2004.08.24. 点検)

かんれんサイト

東京ステーションギャラリー
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN