EKAKINOKI

レンブラントとレンブラント派展

国立西洋美術館 2003.09.13-12.14
Rembrandt Harmansz van Rijn 1606-69

レンブラントが版画につぎ込んだ時間と努力は中途半端じゃなかった。

ありとあらゆる版画技法に挑戦し、紙にいたっては、和紙までためした。

テーマは、風景、人物、宗教画、その他、みたことないけどエロチックな描写。(笑)

この展示会では、レンブラントの版画が、けっこうたのしめました。

Rembrandt and the Rembrandt School

1600年代のオランダは、すべての面で、沸騰していた。

オランダ黄金期と呼ばれるゆえんです。

ダイナミックで活気ある社会。その中心にいた画家レンブラント。

レンブラントは工房をもち手広くやっていただけではなく、グレートなアーティストだったから、彼に影響を受けたアーティストの数はしれない。

レンブラントのまわりはアートビジネスでわきにわいていたにちがいない。


『レンブラントとレンブラント派展』・・・

1600年代オランダのわくわくするようなダイナミズムと活気を感じさせてくれるだろうか?

そういえば、『黄金の兜の男(レンブラント工房作)』は、ちょっと前までレンブラント作とされていた作品だ。

(2003.10.24)

レンブラントかんれんファイル

■ 映画『レンブラントへの贈り物』
■ レンブラントがスカンピンになった社会事情(本)
■ レンブラントとレンブラント派展

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN