EKAKINOKI

ピカソ初期作品展

バルセロナ・ピカソ美術館作品 (2002.09.21.〜12.08)
Pablo Picasso 1881-1973

「えっ、これもピカソ!?」「はい。14歳の時の作品です」

これ、上野の森美術館ピカソ展のキャッチ・フレーズです。

京都国立博物館『大レンブラント展』の「見ないと絶対乗り遅れる!」には負けてますが・・・

なんかかんちがいしてない?


もっとも、展示会のテーマは、ピカソ22歳までのおもにデッサンと習作です。

だからこのキャッチフレーズでいいのかな。

ピカソは1904年、22歳のときパリへ出たので、ちょうどいい区切りなのですね。

なら、あえてピカソの22歳までの作品、と区切った意図は?


たんに作品数が多すぎて区切った。たぶん。

若きピカソに天才の片りんを見る?たぶん。

若きピカソがどんなにクラッシックだったかを見せる。たぶん。

若きピカソがどんなに勤勉だったかを見せる。・・・

若きピカソにキュビズムへの萌芽をみる。まさか。

「三つ子の魂百までも」を検証する。可能。


むむむむむ。

ピカソ自身が言ってますよね。

「ボクははじめラファエロのように描いていたんだ。こどものように描けるようになるのに一生かかった。」


14歳のときに描いた大作品『初聖体拝領』↓です。

prima comunione picasso

1896 / Museo Picasso de Barcelona

ちなみに、おなじ上野の森美術館でピカソ展の第二段『ピカソ・クラシック(2003.09.20-12.07)』が予定されています。(フランス・ピカソ美術館 / ポンピドー・センター / オランジェリー美術館 / バルセロナ・ピカソ美術館)

(2002.10.23.)(2005.01.16. 見回り)

かんれんファイル

■ 映画−ピカソ
■ ミロから見た同時代の画家

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN