EKAKINOKI

フィリップス・コレクション展

森美術館 / 2005.06.17-09.04

ゴーギャンの『ハム』という作品。エシャロットも、線も色も表情も、なにもかもゴーギャン。それでもこの静物画は1889年作で、ゴーギャンがタヒチに行く前なんですね〜。

ラウル・デュフィ(Raoul Dufy 1877-1953)の『オペラ座』と『画家のアトリエ』。デュフィの作品にしてはおおきい〜!この作品なんて、1メートルはゆうにこえてますよ〜。

それにしてもすごく現代的です。なにかポップの予兆がするみたいな。現代アートに直結しているみたいな。

コンスタブルの「描きかけ」っぽい作品も目をひきました。描きかけじゃないの?ハハ。そばにはコローの「描き上げた」作品があって、コントラストがおもしろかったです。

ジャコメッティの大きなアタマ像もよかった。

(2005.08.15)

かんれんリンク

The Phillips Collection
http://www.phillipscollection.org/

デュフィせんもんサイト
http://www.raoul-dufy.com/

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN