EKAKINOKI

ヨハネ・パウロ2世美術館(ポーランド)の聖母子像展

目黒区美術館 / 2003.07.19.−09.07.

ヨハネ・パウロ2世美術館?ポーランド出身のヨハネ・パウロ2世?教皇が集めたコレクション?現代の教皇もすごいな〜。

などとおもったのですが、調べてみると、もともとは20世紀ポーランド人の個人コレクションなのですね。

コレクションが国に寄付されたのが1986年ですから、ごく最近、ヨハネ・パウロ2世の名前が冠されて美術館となりました。

由緒ありそうな建物は、元旧国立銀行です。住所はもろ、ワルシャワの銀行広場1番地。ハハ

ヨハネ・パウロ2世美術館

『聖母子と子どもたち展』パンフレット

バルザックの「知られざる傑作」にでてくる画家のひとり、マビューズ(1478?-1533/36?)の作品が一点ありました。メロンのような(?)優し〜いかんじの「聖母像 (46x38cm)」でした。

パンフレット下段中央、農家の台所のようなところで、女性があかちゃんを抱き上げている絵は、カルロ・ファッキネッティ(Carlo Facchinetti 1870-? Firenze)というフィレンツェの画家の作品「母の愛 (76x61cm)」です。

これちょっと、マッキアイオーリ(マッキア派)っぽいですね。

なかなかいいですね。1800年代あたりのイタリアの絵画って、マッキアイオーリにしてもロマン派にしても、バロックやティエポロのあとが、なんとなくすっぽり抜けちゃっているんですよね。

あちこちにあるとはおもうのですが、焦点の当て方次第では、興味深いのに、なんておもったりします。。

(2003.09.06)

目黒区美術館
http://www.mmat.jp/

かんれんファイル

■ バルザックの「知られざる傑作」
■ マッキアイオーリについて

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN