EKAKINOKI

エミール・ノルデ展

Emil Nolde (1867-1956)

ノルデは、風景にしても花にしても、あなたはこんなふうに世界を見ていたんですね、ってかんじ。

聖書に題材を求めた作品は、ノルデが重病から回復してすぐとりつかれるように描いたといいます。あぁ、こういう使徒のイメージはわかるような気がする〜。

表現主義と呼ばれる一派があって、ドイツを中心に、キルヒナーとかフランツ・マルクとかアウグスト・マッケとかオスカー・ココシュカとか、エミール・ノルデもそのひとりです。ムンクも。

ところがノルデは、1930年代、ヒトラーの台頭とともに、「頽廃芸術」と決めつけられ迫害されます。

ノルデは、ドイツの片田舎ゼービュルの自宅に引きこもって、だれにも気づかれないように絵を描いていました。この家が、いまのノルデ美術館です。

デンマークとの国境そばにある美術館です。そこまで行ってノルデ作品を見るチャンスなんて一生のうちにあるかないか。その美術館の作品をもってきて展示するというのですから、逃す手はありませ〜ん!


ノルデ展は、栃木県立美術館 (2004.04.25-05.30) / 三重県立美術館 (2004.06.05-07.04) / 下関県立美術館 (2004.07.09-08.22) / 東京都庭園美術館 (2004.09.18-11.07)

(2004.05.29)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN