EKAKINOKI

メトロポリタン美術館展

ピカソとエコル・ド・パリ (Bunkamura -2003.3.9)

メトロポリタン美術館展で印象に残った作品からいくつか。

メトロポリタン美術館展

メトロポリタン美術館展の入場券

モディリアーニの『ジャンヌ・エビュテルヌ(1919)』。

ん、1919年は、モディリアーニが自殺をする前年ですね。

そばの『横たわる裸婦(1917)』より『ジャンヌ・エビュテルヌ』のほうがはるかに自由奔放だなと。

悟りの境地か。(笑)


ユトリロの夏景色『サンノワの風車(1912年)』


デ・キリコ(1888-1978)の自画像もおもしろい。

1911年作なので、デ・キリコが23才。老キリコ肖像とはべつものです。

デ・キリコ作品
http://www.artchive.com/artchive/D/de_chirico.html
(The Artchive)


シャガールの『恋人たち』。これはこちらをごらんください↓

→ シャガールとブルガーコフ


BBSより

Juneさん

「メトロポリタン美術館展」では、モディリアーニやデ・キリコに、やはりイタリア人画家だなぁ..と、妙に納得してしまいました。ド・シロートは その線や空間処理に イタリア絵画の歴史を観てしまいました(^^; ところで、サンパウロの 穏やかで やさしげな≪Renee≫も好きです♪

えかきのき

モディリアーニやデ・キリコに、Juneさんも『イタリア絵画』を感じるのですね。同感です。

TOMさん

私は関西なのでメトロポリタン展は昨年に行きました。おもしろい作品の洪水の中でも私にとって圧倒的だったのはバルテュス。特に『目を覚ましたテレーズ』は好きですねぇ。

以前にバルテュス夫人の節子さんに触れてらっしゃいましたね?喫茶店でなにげなく『家庭画報』の3月号をめくったら美しい近影がありましたよ。幾度かテレビなどでもお見かけしましたが、いつまでも凛としながらたおやかな麗人ですね。

えかきのき

ほんと洪水ですね。『エコル・ド・パリ展』はメトロポリタンのオハコのひとつですけど、京都の展示会場はかなりスペースがあったのでしょうね。BUNKAMURAは、あのかぎられた空間に、ピカソありブラックありで、そこにバルチュスです。

TOMさん

まったくそのとおりです。こういう時、ポール・ヴァレリーの美術館における美学的神経と、その比喩としての経済学的過剰蓄積の論証(笑)。ナンダソレ。私はこれがいつも美術館で眩暈を覚えるときに頭にめぐるのでちょっとおもしろいのでほんの一部抜粋して書いておきます。

「・・ただ動いてやまぬ眼だけが、同じ瞬間に肖像画と海洋画、厨房の情景を描いたものと凱旋行進を描いたものを―――しかも、たがいにまったく相容れない画法によるものを―――把握す仕儀に至る。しかしながら、そうした絵は、それぞれが美しければ美しいほど、それだけお互いに異なってくる。すなわち、稀な対象、この世にそれ一つしかないもの(Unica)になる。おりあるごとにいわれるように、こうした絵はまわりにある絵を殺してしまうのだが、しかし、まわりにある絵のことを忘れたなら、遺産などというものは台無しになる。人間はあまりあるほど保持している技術的補助手段によって、みずからの能力を失っていくように、富を過剰にもつことによって、かえって貧しくなるのだ」

(2003.02.18)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN