EKAKINOKI

マンテーニャ作品がみられる美術館

Andrea Mantegna 1431-1506 Padova-Mantova


3Dなアンドレア・マンテーニャの絵。

いっぽうで、するどい社会性のようなものが感じられたり、ちょっと宇宙人的なひとです。


ルーヴル美術館(パリ)
Musee du Louvre

Photo by mashiro

「聖母子像」 / 「磔刑」(1457-60)/ 「サン・セバスティアーノ」(1480)

「パルナッソス」(1497)

・・・この作品は、現在(2004)修復中のはず。(=ユピテルの娘たち♪)


パラッツォ・ドゥカーレ(マントヴァ)
Palazzo Ducale di Mantova

マンテーニャは、マントヴァのゴンザーガ家おかかえでしたから、マントヴァ抜きでマンテーニャを語ることはできません。

ハイライトは、パラッツォ・ドゥカーレの「カーメラ・デッリ・スポージ(新婚の間)」にあるフレスコ画(1465-74)。

マンテーニャが、署名のかわりに壁画に描き込んだ「じぶんの顔マーク」も見逃さないように。(笑)

ゴンザーガ妃イザベッラのコレクションは、まわりまわって、いまはルーヴル美術館にあります。

→ イザベッラ・デステのコレクション


ブレーラ美術館(ミラノ)
Brera di Milano

「まさにこれこそがマンテーニャの作品」という一品は、「死せるキリスト(1500年ごろ)」。たとえば「マンテーニャ展」というとき、これ抜きには語れないよなぁ。

ブレーラ美術館にはこのほかにもマンテーニャ作品が数点。

→ マンテーニャ評訳


ポルディ・ペッツォリ邸宅美術館(ミラノ)
Museo Poldi Pezzoli

2014年4月からBUNKAMURAで開かれているポルディ・ペッツォリ美術館展に、じいさんの肖像画一点がきていました。

小作品ですが、マンテーニャの作品はいつもながらみごたえがあります。

ポルディ・ペッツォリ美術館のマンテーニャ作品は、この作品のほか「聖母子像」の2点です。

→ ポルディ・ペッツォリ美術館のマンテーニャ作品


サバウダ美術館(トリーノ)
Sabauda di Torino

「聖母子像」・・・ずいぶんと痛んでいますが、ビックリするぐらい現代的です。

→ トリーノの美術館


1450年代、マンテーニャ若き日の作品には以下のようなものが・・・・・

ウィーン美術史美術館の「サン・セバスティアーノ」
ロンドン・ナショナル・ギャラリーの「オリーヴ山の祈り」
イタリア・・・エレミターニ教会(パドヴァ)、サン・ゼーノ教会(ヴェローナ)の「聖母子像」、ウフィツィ美術館の「昇天」、アッカデミア美術館(ヴェネツィア)の「聖ジョルジョ」。


(2004.07.15.)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN