EKAKINOKI

ティツィアーノとティントレット

Tiziano 1488/90-1576
Tintoretto 1519-1594

そもそもティツィアーノはティツィアーノ、ティントレットはティントレットなので、このふたりをあえて比較する必要はないが、せっかくヴェネツィアまで行ったら、まずはフラーリ教会でティツィアーノの「聖母被昇天」を拝み、それから、すぐそばのサン・ロッコ教会でティントレットをぞんぶんに愉しみ、このふたりの世界の違いを感じてみたら?

運河バスのサン・トーマ駅で降りてすぐのところにフラーリ教会はある。観光客もそう多くはない。ティツィアーノの「聖母被昇天(1516-18)」がこのフラーリ教会にある。

フラーリ教会のティツィアーノ作品
http://www.wga.hu/frames-e.html?/html/t/tiziano/01a/index.html

大橋巨泉氏はこんなふうに述べている・・・

ボクは今まで浅薄な知識と鈍い感性から、ティツィアーノより、弟子のティントレットの方がすぐれていると思っていた。しかしこの絵の前でボクは、何かに打たれたようにボーッと坐ったまま、何十分も動けなかった。ボクは依然無神論者だし、キリスト教徒でも何でもない。しかしこのマリアの美しさ、天に昇ってゆく躍動感、天上、中空、地上、三段階の空間の存在感・・・(「週間現代2001.6.16)


ティントレットは、いちど、ティツィアーノの工房にいたことがある。なにがうまくいかなかったか、ふたりはそうそうに袂をわかった。ティントレットが出て行ったのか、ティツィアーノが追い出したのか、ひとはいろいろに言う。ともかく、なにかが合わなかった。そして、ことあるごとにこのふたりの巨匠の画風は比較される。

Tiziano Tintoretto

ロッコ教会のティントレット作品

似ていないこともない。豊かな色彩といい、劇的な立体感といい。しかし、ティントレットは、ティツィアーノよりも、より現実的な描写をしている。そのためにい、不要な要素をかなり切り捨てている。


それぞれが生きた時代もちがう。ティツィアーノがアーティストとしての資質を築いたのは、1520年ぐらいまでの、よきルネサンス時代だ。

ティントレットが生まれたのが1519年でちょうどそのころだから、世代の差はおおきい。

ヴェネツィア共和国も、そのころ、経済的飽和状態にあり、あらたな発展をまさぐっていた。ヴェネツィア貴族たちは、きそって内陸に別荘を建て、建築家パッラーディオが活躍した時代だ。

時代が変わったのだ。

Andrea Palladio, 1508-1580

ティツィアーノは、良き時代のアーティストで、伝統と可能性をひとつの作品に盛り込んだ。

絵を描くうえで逸脱してはならない伝統的ルールはとうぜんのことながら守った。

いっぽうで、ティントレットは、「絵にできることを最大限引き出す」みたいな割り切りがある。そのために、余分なものは切り捨て、絵画としてはよりスマートになっている。

ティントレットの仕事のペースが早かったのも、たぶん、こういう絵画に対する直感的な姿勢の違いがあったからじゃないか。

(2001.07.19.)(2005.08.25. 画像追加)(2007.09.23. 加筆)

かんれんファイル

■ ティントレットがティツィアーノに追い出されたワケ
■ ティツィアーノ
■ ティントレット

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN