EKAKINOKI

ミケランジェロと息が合ったセバスティアーノ・デル・ピオンボ

Sebastiano del Piombo 1485? - 1547 Venezia-Roma

1516年ごろ, Prado, Madrid

ものすごい色彩感覚ですね。

それもそのはず。セバスティアーノ・デル・ピオンボは、ヴェネチアの出身で、ジョルジョーネやティツィアーノと一緒に仕事をしたこともあるのです。

こういうひとが、なんでミケランジェロと息が合ったのか、ちょっと不思議なかんじすらします。

たしかに、ミケランジェロは立体的な描写にすぐれていて、ピオンボは色彩です。

ミケランジェロの凛々しい描写に対して、ピオンボの描写はすぐれて妖艶。

おたがいにないものを認め合ったのでしょうか。

1511年、ローマにでてきたセバスティアーノ・デル・ピオンボは、ラファエッロとも仕事をしましたが、なにより、ミケランジェロと息が合いました。

セバスティアーノ・デル・ピオンボは、ミケランジェロのよきパートナーとなっています。

1520年、彗星のごとくあらわれて人気を集めたラファエッロが夭折しました。

ラファエッロなきあと、セバスティアーノ・デル・ピオンボは、美術界においてよりいっそうの重責をになっていくことになります。

1527年、ローマが外国軍に略奪されたとき、多くのアーティストがローマから逃げ出しましたが、ヴァティカンとローマは、セバスティアーノ・デル・ピオンボははなさなかったといいます。

セバスティアーノ・デル・ピオンボ作品(Web Gallery of Art)
http://www.wga.hu/frames-e.html?/../sebastia/...

(2004.11.07)

かんれんファイル

ミケランジェロ年譜
中世の女性アーティストができたこと
中世の女性にもチャンスはあった

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN