EKAKINOKI

フィレンツェのポントルモ作品

Jacopo Pontormo 1494-1557 Firenze

「ポントルモは、ミケランジェロの影響&デューラーのような北ヨーロッパの版画の影響を受けた初期マニエリスムの大家。」

マジかよーーー!?

サンティッシマ・アヌンツィアータ教会
Basilica della Santissima Annunziata

教会を入るとすぐがキオストロ(中庭)になっていて、そこに、ポントルモが20歳そこそこのときに描いたフレスコ画(1514−16年)があります。

この作品はポントルモの評価を決定的に高めるとともに、そのときいっしょに仕事をしていたアンドレア・デル・サルト(ポントルモの2番目の師)の嫉妬をおおいにかり、その工房を追い出される原因になったと言われています。

えっ、、?ポントルモはこの壁画の下に葬られたって書いてあるけど、ホント・・?左上画像、向かって右に見えるのはロッソ・フィオレンティーノの、やはり若い頃の作品。

ヴィッラ・メディチェア (ポッジョ・ア・カイアーノ)
Villa Medicea di Poggio a caiano

メディチ家の別荘はそこらじゅうにあるので、『ポッジョ・ア・カイアーノの』とダメ押ししてます。ポッジョ・ア・カイアーノは、フィレンツェからバスで30分ぐらいのところにある、なんの変哲もない小さな町です。当時はのどかな田園地帯だったはずで、メディチのひとびとに愛された別荘のひとつでした。

ポントルモのフレスコ画は、メイン・サロンの片面半月状の部分だけです。ほかの壁面は、アッローリとかアンドレア・デル・サルトとかによるもので・・ちょうど、ハゲ落ちそうな部分を集中的に修復しているところでした(右画像)。

サン・ミケーレ教会
Parrocchia San Michele (Carmignano)

ポッジョ・ア・カイアーノからバスでさらに20分ぐらいのところにあるカルミニャーノという村の小さな教会に、ポントルモの『マリアのエリザベツ訪問(1528-29年)』があります。サンティッシマ・アヌンツィアータ教会のフレスコ画とテーマはおなじですが、これは10年ほどあとに描かれた、ポントルモを象徴する作品のひとつだとおもいます。

ポントルモがひと嫌いだったのは有名ですが・・・この作品をみていると、ポントルモというひとは、『愛の力』や『奇跡』を信じていたのではないか・・・ひと嫌いになる理由にはいろいろあるのでしょうが、もしかすると・・ポントルモはすねていたのではなく、ひとびとのあまりにゲンキンな考え方にイヤ気がさしていたのかも・・

ところで、サン・ミケーレ教会はフィレンツェからはすこし離れていますし、そんなに大きい教会ではありません。修復費用に四苦八苦しているという嘆願が教会内に記されていました。募金の振込み用紙も用意されていたので付記しておきます。

銀行名 口座番号
BancoPosta 23157431
口座名
PARROCCHIA SAN MICHELE ARCANGELO
付記
PER RESTAURI COMPLESSO PARROCCHIALE

修復募金の振込み用紙(画像)

※ 郵便局の口座ですが、日本から直接振り込めるかどうかは、じっさいにやってみないとわかりません。
※ 付記は「パロッキアーレ・コンプレックスの修復のため」というイミです。

サンタ・フェリチタ教会
Chiesa di Santa Felicita

・・・・・・・・・・・・ 、、、、、、、、、。。。。。

バスの運転手に一言・・

バスにかぎりませんが、イタリアではおうおうにして、車内放送がありません。不慣れな土地では、運転手さんにしつこく「おしえてネ」とか言っておかないと、乗り過ごしてしまいます。頼んでおいても、忘れてることもあります。(笑)

ヴィッラ・メディチェア(ポッジョ・ア・カイアーノ)は・・・フィレンツェSMN駅前バス・ターミナルのちょっと脇のところから(COPIT社)、「ピストイア行き」とかが頻繁にでています。最初の町らしい町に行きつくとはじめてちょっと坂になり(そこまではずっと平地)、その坂のいちばん上右側にあるのがヴィッラです。

サン・ミケーレ教会があるカルミニャーノは、ポッジョ・ア・カイアーノで別の会社のバス(CAP社)に乗り替えます。カルミニャーノが終点なのでまちがえることはありませんが、カルミニャーノから帰ってくるとき、行きとおなじルートで帰ってこようとおもうと「プラート行き」とかになり、ポッジョ・ア・カイアーノの町なかの停留所は一箇所だけです。ともかくそこで降ります。

プラート市からは、カルミニャーノ、ポッジョ・ア・カイアーノ両方を通過するバス路線があります。

(2004.02.10.)

ポントルモかんれんファイル

2階にあがりハシゴをはずすのがポントルモ流
ローマ訪問とポントルモさいごの挑戦
ポントルモの日記
フィレンツェのポントルモ作品
驚愕のデュオ展、ロッソとポントルモ!

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN