EKAKINOKI

破天荒彫金師チェッリーニ

ベンヴェヌート・チェッリーニ Benvenuto Cellini, 1500-1571 (Firenze)


ちょっと前まで、「チェッリーニ」というと、彫金とか彫像の繊細な部分の代名詞みたいだった。

そのチェッリーニだが、かれは生存中、暴力的トラブルメーカーだった。

喧嘩沙汰で町を追い出されたことも一度ではない。雇い主とのトラブルあり。何度も監獄にぶちこまれている。

これだけ暴力沙汰を引き起こしておいて、しかもこれだけの作品を残したとは、どうなってんだ。


チェッリーニは自伝を書いていて、ベルリオーズのオペラにもなっていたりする。

そうだろう、芸術家というより、オペラのなかの主人公だ。

テノールで歌いまくって、悲嘆にくれ「あぁ」とかいって死んじゃう役。


フィレンツェ、シニョリーア広場ロッジャにあるチェッリーニのブロンズ像「ペルセウス(1545-54)」

チェッリーニは彫金家、彫刻家。

メディチ家コジモ1世の彫像としてよく紹介されるあれを作ったのがチェッリーニです。


チェッリーニの作品(Web Gallery of Art)
http://www.wga.hu/frames-e.html?/html/c/cellini/

(2003.08.03.)(2005.02.18. 見回り)(2005.10.02. 見回り)(2016.04.21 見回り)

さんこうBOOK

チェッリーニ作「チェッリーニ自伝」

絵画 ロシア イタリア